更新を怠ってすみません。

久しぶりの更新です。
芦ノ湖の大会依頼、更新していないからといって釣りに行っていなかった訳ではありません。

大会後は4月5月と忍野へ妻や初心者のガイドをしていました。5月3日には忍野ガイドで30匹近い釣果をあげました。また妻とのイブニングではスペントフライで爆釣も2週続けてありました。
5月末には川上にイワナ釣りに行きましたがあまりの寒さでウエーダーもはかずに帰ってきました。

6月には6・7・8と秋田方面へ行ってきました。毎年毎年かわり映えのない事なので更新を怠っていました。それに釣行写真や釣り場情報には釣り場が荒れるとか賛否両論有るので控えました。
また、釣れた、釣れた情報は思う事があり控えました。

 6月6・7・8日秋田釣行

今回の釣行では何年かぶりに一緒に釣りをした釣友に話をした事を簡単に書きます。
1日目、予定通り出渓点へ先に車を置いて林道を歩いて戻りました。私のGPSで山の地図を確認しながら林道に川が近い所を探しかつ降りやすい場所を下って入渓しましたがGPSの画面を拡大しなかったのが最初の間違いでした。入渓点は予測していた場所よりもずいぶん上流でした。釣りあがってもなかなか魚が出て来てくれません。水を手のひらでつかむとすごく冷たいです。少しずつ魚の反応が良くなり調子良くなって来たのですが直ぐに出渓点に到着してしまいました。良く考えると何時も下流から魚の少ない場所をかなり上流へと歩いてから釣りあがっていたのを楽して適当な場所から入渓したのが失敗でした。事前にパソコンで釣り始めポイントをGPSに書き込んでおけばこのようなことは起こらなかったのです。久しぶりに一緒に釣りをしたYさんには少し残念な事になってしまいました。それでも2日続けて朝から釣り始めて時間の経過により魚のポイントが変化して行く様子を体感できたYさんには良い経験だったとおもいます。
最終日の半日やった釣行ではYさんは2日間の経験を生かして気持ちよく釣れたようです。私達2人の年寄は朝から帰りモードをかもし出して川に立っただけですぐに車輌の場所に上がって一休みして待ちました。


 

 

 

 

 

6月18日には裏丹沢の管理釣り場へ行って来ました。
はっきり言って一番良くない時期ですがほぼ初心者の釣り人との釣行です。