初夏の渓流

車から降り、辺りを見回すと朝霧で霞む山々が墨絵のように稜線を浮かびあげていた。
冷えたきった空気が鼻腔に刺激を与え身震いした渓吉は「よし!」ウェーダーを履きベストを着て林道を歩きだす。頬に触れる空気が気持ち良い。1時間弱歩いた所で踏み跡を見つけ脇道に入る。新芽と小さな黄色い花を付けたクロモジの木を見つけた。小枝の先に水滴が付いている。その輝く珠は逸る渓吉の心に余裕を与えてくれた。
kuromoji2
渓吉が静寂な空気を肺中満杯に入れ、再び少しだけ早く歩きだすとどこかからシジュウカラの鳴き声が聞こえてきた。その囀りが徐々に近づいてきた。丁度真上で渓吉をからかうように小鳥達が戯れている。良く見るとの数羽のシジュウカラの中に1羽のコゲラが一緒に虫をついばんでいる。コゲラとシジュウカラの混群である。コゲラは他の鳥と群れ、混群をすることで良く知られている。互いに天敵から身をまもるのに都合がいいらしい。  
何も考えず歩くことに集中していた渓吉は少し息切れがした。カサカサと落ち葉の音が渓吉を追ってくる。気になった渓吉が振りかえると霧が上がり、乾いた空気が落ち葉をころげていた。渓吉は誰もいないのを確かめ、再び歩き始めた。20分ほど歩いた所で微かに川の音が聞こえ始めた。「もう少しだ!」少し荒い息でつぶやいた。

 斜面を下りて瀬を前にした渓吉は汗ばんだ額を上着の袖でぬぐいながらパックロッドを組み始めた。上流の最初のポインに視線をやりそれを確認しラインを通した。そしてフライを選択して、自分の立つ位置を想定した。最初に結んだフライは何時もの実績のあるオリジナルフライだ、このフライは視認性もよくシンプルな割に浮力もあり敬吉は自信を持っていた。
釣り始めて10分ほど釣り上がったが魚の気配が全くない。3m先の岩上でカジカガエルが鳴いている。まるで木管楽器を奏でているかのようである。連れ合いを求めているのだろう。渓吉は彼の横をそっと気づかれないよう通り抜けることにした。それが功を奏したのかカエルのすぐ上流で最初の1匹がフライを咥えた。いつもの通り少し早目の合わせだが何とかフッキングした。23cmの丸々太った綺麗な山女だった。シーズン最初の釣りはいつも合わせが早く、慣れるのに必ず2・3匹の魚にお付き合いしてもらっていた。毎年同じ事を繰り返しである。
カジカカエル-3
少し上流の苔生した岩に数株のダイモンジソウが付着している。その岩に沿って流れる筋に手前から少しずつ上流へと移動しながらフライを流した。3投目に上流から流れて来たフライが岩の真横に達した時だったスロモーションビデオのように出てきた影がフライを水中に引き込んだ。今度は魚の頭が沈んでから合わせる事が出来た。ロッドを絞り込んだ魚が上流へと走る。チャリスペ3・4番ロッドがバットから半円近く曲がった。何度か走る魚をいなした。そしてIKEDA ネットに収まった魚は26cmを超えた大物だった。フックを外し、ベストからカメラを出し写真を撮ってリリースしたヤマメはダイモンジソウの岩の下へ姿を消して行った。渓吉はフライのぬめりを除いて乾燥してフックをロッドの上部へ掛けラインをリールに回して次のポイントへ視線を移し、静かに歩き始めた。「魚の活性が上がって来た!」声を出さずにつぶやいた。
ダイモンジソウ1

釣り初めて約十数か所のポイント経過したのちだった。花崗岩の砂礫で底色が白くなっている淵の開きに魚がゆったりと泳いでいる。渓吉が最初に見つけたのは魚の影だった、魚自体は保護色で見のがしていた。うかつに近づくと魚が水中を走ってしまいポイントをつぶして、すべて終わりになる事を敬吉は良く知っていた。ブナの木漏れ日が当たった水中のヤマメへのアプローチは繊細で緊張する瞬間だ。渓吉はリールから静かに必要だけのラインを引き出した。ラインを軽く後ろに振って一度でヤマメの30cm前に振り込んだ。「うまくいった!」静かに落ちたエルク・カディスの波紋がヤマメ付近まで達した。波紋でヤマメは視線をフライに向けて微動した。敬吉はしめたと思った。フライが流れに乗りわずかに揺れながらヤマメの前へと流れて行った。軽く尾鰭を振ったヤマメがフライに向かって浮いてくる。敬吉はこの僅かな時間がすごく長く感じていた。気が入り過ぎた敬吉の右手が動いてしまった。早合わせだ。むなしくフライは宙に舞った。冷静を失ってしまった渓吉は早合わせをしてしまったのだ。茫然とした。20秒ほど経過して溜息をついた渓吉は再び気をとり直しティペットにキズやトラブルが無いか確認し上流のポイントへと移動する。なかなか平静に戻れない渓吉だったが幾つめかのポイントで再度1匹を釣った事で心を落ち着かせることができた。朝は魚の活性が鈍かったのだが時間が経つにつれて魚の反応が良くなってきた。幾分飛び交う水棲昆虫も増えてきた。飛んでいる昆虫に合わせてフライを黄色いエルクヘアーに変えてみた。フライと魚の食い気が合致したのか浮いている魚のほとんどが素直に食って来た。数匹釣った所で出渓点に到達した渓太は踏み跡を見つけて、ロッドをしまいベストにくくり付けてメ竹の茂った林中を林道へと向かった。
takao-yamame - 1

 

 

 


7月21日FlyFisherが入荷しました。

IMGP0073

 

 

 

 

 

7月21日FlyFisherが入荷しました。
いろいろ難しい事が書いて有るかも?

 

 

 

店長より(経験は何ものにも勝る。)

釣りが好きでしたらまずは釣りに行く事です。雨が降ろうが槍が降ろうが行く事です。
行けば何かを感じ取ることが出来ます。行かなければ発展は無いのです。
魚とたわむれ自然とたわむれて魚の行動を知るのです。
寒い日も暑い日もひたすら釣りに行く事によって魚の多くの行動パターンを知ることが判明するでしょう。
季節ごとの魚の行動や捕食形態なども判明できます。
今魚がどのような時にどのように思っているかもいずれ判ってくるでしょう。
ひたすら魚と会話をする事です。魚の好みや苦手も判明出来ると思います。
そうすれば魚の好きなフライを好きな所へ運ぶことで魚はフライを咥えてくれるでしょう。
掛った魚は魚に嫌われない様に静かに放します。また魚に遊んでもらう為です。

 

 

 

 

 

 

 


ナチュラル・ドリフト

ナチュラル・ドリフト

フライフィッシングをたしなむ者なら必ず耳にする言葉ですがこれほど難しい話は無いと云えます。なぜならばどこからどこまでをナチュラルドリフトと云えば良いのか定義がありません。魚にとってナチュラルドリフトと個々の釣り人の取ってのナチュラルドリフトにかなりの差が生じているからです。またナチュラルドリフトが釣りをする理論上いつもベストだとは限らないからです。ナチュラルドリフトが流下物によってかなり異なるのも現実です。

1、流下物とナチュラルドリフト
流下物の形状によって空気抵抗や水中での流れ方が異なります。明らかにウイングを広げたダン等はヨットのようにウイングの空気抵抗が有ります。当然風の影響を受けます。スピナーやイマージャーのように水面にへばり付いた状態で流れる虫はウイングがないぶん風や空気抵抗は極少ないでしょう。それでも水面と大気の間には空気抵抗が存在しさまざまな状態によって異なります。魚や釣り人がそれらをどこまで認識するかまた必要性が在るか個々の釣り人の考え方やフィルドによっても異なります。フライが実際の虫と形状が異なるのも考慮するとなお更に難しい問題になります。個人的にはナチュラルドリフトは個々の釣り人が経験の中から思い思いに認識していればよい事だと思います。それより魚にとっていかに魅力的にフライを流すことの方が重要だと経験が多ければ多いほど感じてくるような気がします。

IMGP0144

 

 

 

 

 

 

2、目の前に落ちた物はすぐさま食いつく
どんなにリアルに出来ているフライより僅か目の前20cmに落ちた出来そこないのフライが魚にとって以下に魅力的である事を釣行歴の長い釣り人であれば経験上ご存知と思います。そのフライがティペットを感じさせないように本物と変わらないくらい極自然にソフトに落ちたなら考える余地は有りません。フライの質量も影響しますが大きな音が出るように落ちたとしても魚は人間以上に幅広く経験を積んでいるようです。魚は強風や鳥が落とした状況と昆虫が自ら力尽きて落ちた状態と異なるのを認識しているかのように感じる事も多々ありました。目の前にフライを落とすにはメイフライパターンではソフトに落とすことを心がけ、質量のある大型のカディスやテレストリアルでは大き目の音を立ててもあまり問題はないようです。私の経験では少しはなれた場所へフライを落とすときにはあえて少し大きい音をたてるのもありのように感じます。特に釣り人を知らない魚には効果があるように思われます。源流のイワナ釣りで誤って魚の後方にフライを落としてしまった時に1mも前に居た魚が振り向いてフライを食いにきた経験を何度かあたからです。山奥深い谷ではこのような事は頻繁に起こりえることです。それでも浮いている大型魚を見つけた時には目の前20cmにソフトに落すのが一番です。無反応な魚は体調が悪いか前日釣られて疲れきった魚でしょう。通常は簡単にフライにアタックしてくるものです。

3、誘われて食いつく
フライの動きに誘われて食いつく魚がよくいます。これらの多くが自然の虫の動きに誘発されて食いつく場合です。忍野のフタシジモンカゲローのどは典型的な状況です。ナチュウラル(本物)でさえ水面で動かなければ魚に食われることはめったにありません。しかし水面をパタパタと飛びたとうとする様は魚達にとってよほど魅力的なのか盛んにアタックしてきます。なかには空中の虫にさえ飛びつく魚もいます。当然と言ってよいようにフライも同様に水面で動かす方が釣れます。スケーティングカディス等が同様です。カディスにはあきらかに水中をミズスマシのように泳ぐ物がいます。以前、NONTANAのM川で銀色の輝く大量のダイビングカディスを目撃した事があります。その時にはニンフに気泡が付いた状態でよい釣りをしました。完全に水にぬれニンフから気泡がとれた状態では極端に当たりがなくなり、釣れる度にパウダー・フロータントを付けてのニンフ・フィングでした。たしかに動きも重要ですが私が思うには水中での虫の状態をいかに表現できるかが必要に感じられました。すなわち大きくアピールする動きをのぞいて、水中の魚は動きより視認(見た目)のように思われます。20年ほど前のT川で大量にハッチしたコカゲロウのライズの嵐でした。定番通りハッチのピークになると魚はイマージャーを食っているのか一向にフライに出ません、ナチュラルでさえも水面から消える事がありません。私達はイマージャータイプのフライを流しましたが殆ど当たりがありませんでした。当時わずかに釣れた魚の胃の内容物とフライが合っているかを確かめなかったのを今でも悔やんでます。その後の経験からイマージャーや水中羽化のメイフライには動きより付着した気泡が大きな役割を果たしていると考えるようになりました。

4、流速とナチュラルドリフト
流速の早い場所ではナチュラルドリフトをどのように考えたら良いか。ナチュラルドリフトと言う言葉のように自然に流れる流下物の速度(変化も含む)と理解してよいと思います。しかしながらその速度が魚の捕食範囲をこえてしまっている場合にはあえてナチュラルドリフトを無視する必要性もあります。そのような時点ではフライを魚の捕食できる速度に減速して流すと良い結果がみこまれます。また捕食範囲の流速の高速限界付近では魚が捕食に集中していて比較的釣りやすく、止水や極めて低速のプールなどでは魚に余裕が有るのか?フライやティペットを見られる事が多々あります。どちらにしても魚は捕食しやすい所からフライにアタックしてきます。そのような場所を釣りではポイントと言います。付け加えておきますがポイントが必ずしも棲家ではありません。捕食場所と塒(ねぐら)とは一致いたしません。以前に魚の居る所を釣ると提言いたしましたが魚が捕食する場所と理解してください。それが判れば特別な技術は限りなく不必要になります。それはポイントにストレートラインでフライを直接落とせばよいからです。ナチュラルドリフトは通常30・40cmですむからです。30・40cmなら釣り人の立つ位置だけでほとんどが解消できます。またスレたイワナのように5秒間以上フライを見せる事が必要なことがありますが例外です。私のように60歳を過ぎた年齢では流速やバックの状況から立ちたい位置が確保できない場合も多々あります。その時に少なからずトリックキャストの必要性が出てきます。

5、ナチュラルドリフトの意議
そもそも私は完全なるナチュラルドリフトなど存在しないと思っています。
リダーが付いている以上は何らかの形で流れているフライに影響を及ぼすからです。マイクロドラッグがどうのこうのと考える前に魚の食いたい所へ食いたいフライをキャストする事が一番ではないでしょうか?魚の気持ちになってフライを巻きフライをキャストする。それは魚の食いたい範囲(捕食範囲や捕食次期、時間)に食いたいフライを使えばよいことです。そして魚の習性を良く知る事です。あえて長い距離フライをドリフトする事を見直し考えなおしてみてはいかがですか。それでもフライフィッシングにはナチュラルドリフトは重要です。当然、ハッチ・マッチも重要なことです。そして水生昆虫の姿形ちだけではなく生態をも観て知ることが最も重要な要素だと思います。

IMGP1446

 

 


2016年7月5日アルプス

2016アルプス釣行

毎年々釣り人が増加して,魚もプレッシャーが高くなり、厳しい釣りになってしまいました。
同行者と共に2人、尺イワナが釣れたのが幸いです。
この川の環境はとても素晴らしいので毎年足を運んでしまってます。

今回は入渓して2人ですぐに釣れたのにその後はさっぱり釣れなくなり頭をひねってしまいました。
10時過ぎたころから浮いた魚を見つける事ができ、素直に食ったのでこれから活性が上がって良いペースで釣れるのかと思いましたが2匹だけですぐにまた元にもどり苦労してしまいました。
その後、流程の半分を過ぎたころからぽつりぽつ釣れだしたがでフライパターンのどれを選択して良いのか本当に迷ってしまいました。
思い切って大き目のフライを付けることにしたら尺イワナが釣れたのでそのまま大型のフライを付けたまま釣りあがりました。
予定通り最終堰堤まで行きましたが大きな川鵜が堰堤の下から飛びたち倒木の上に止まったのを追い払いフライを流しましたが?
やっぱりだめでした。
疲れた体で堰堤まで来たのに残念でしたが
ロッドをしまい斜面を一気に上がり林道にもどることにしましたが。
余裕を持って時間をとっていましたので良かったが、1年間で私の体力が予想以上に落ちていましたので林道に出るのにかなり長い時間をついやしてしまいました。
その後も林道の下り坂でペースが上がらずバス停に着いたのは時刻表の10分前でした。
帰りの乗合タクシーで居眠りしながら駐車場に着いた私達はすぐに下の温泉行、体を温め筋肉をもみほぐして帰路に付きました。
今夜は足がつってしまうのを覚悟していましたがマッサージが功を称したのか夜中に起こされる事はなかったです。

釣果は案内した同行者が14匹私が8匹でした。私は早くフライから目を離した為に3匹のバラシと何時もの早合わせで同じく3匹の空振りが有りました。

IMGP1472-2

 

 

 

 

 

 

 

IMGP0065-2

 

 

 

 

 

ホタルブクロ

 

IMGP1479-2

 

 

 

 

 

 

 

IMGP0062-2

 

 

 

 

 

尺イワナ1

 

IMGP0064-2

 

 

 

 

 

尺イワナ2

 

IMGP0072-2

 

 

 

 

 

 

釣りの途中に見つけた野草
ヤマオダマキの仲間