北海道釣行

R2年10月

北海道にライズの釣りにいってきました。
ガイドはドライフライの釣りを主流にしている方です。
40cmオーバーの魚のライズを見つけて釣る。私のスタイルに合わせてくれました。
大きな魚ほどライズでは口だけをだすので、姿が見えなければサイズを確認できません。
ぞれ場所によって異なりますが、流れの有る川では大型の魚はヘッド&テールのライズをします。止水のダムやプールではサイズに関係なく小さなライズです。更に逆光ですと見分ける事は難しいです。
一般的にパシャとしたライズは小型です。大型は飛沫が少なく口の先端だけを出すので見過ごしてしまう事が有ります。
ほぼ1日1匹の釣果でしたが凄く楽しかったです。

1日目のライズは自分のリズムと魚のリズムが合わず、何とか1匹目を掛けたのですが#20フックに少し力を入れて引き寄せたら口が切れてしまった。その後ライズが安定しないのでチャンスが少なく早めにフィニッシュにしました。

2日目は前日のポイントで複数の大きな鱒を確認できていたのでガイドの判断で同じ場所で釣ることにしました。
私も前日の経験から虫の種類や流下時間が判っているので良い選択だと思っていました。
前日の経験からポイントではビックトラウト定位置をしっていました。
奴らを攻略するにも無駄な時間を費やすことなく、ベストだと思いました。
前日同様に時間が経過して虫が流れ出すと、少しずつライズが始まり、単発だったライズは間隔が短くなり、魚にスイッチが入り、水面から20cmの深さにまで浮いて来て、定位を確保するように成りました。
大きな魚ほど体力を消耗せずに多くの餌を必要とするからです。
私は魚影を見失いように小波で揺れた水面を凝視して、ライズをまちます。
そのうち魚は水面に頭を出し更に背鰭や尾鰭を出しはじめました。私は「ビックトラウトだ!」小さく呟いた。
少しずつポイントへ近づいた私は魚の居ない場所、下流10mにキャストしてラインの距離を測った。少ないチャンスを潰さない為のメジャーリングをしました。
以前は感でラインを出してキャスティングしてもほぼぴったり距離が決まっていたのですが年を取って慎重になりました。
今までミスった事は無かったのですが年老いてから更に慎重になった。
少ないチャンスを100%生かしたいのです。出来れば1投で魚の前にフライを流したいのだ。そしてその瞬間が大好きで興奮するのです。
魚は1目が一番フライに出る確率が高く、2投目3投目と徐々に魚がフライを咥える確率が下がって行くのです。
風が出始めていた。私は「少しびびった!」前日、支度にもたもたしていて、風が強くなってコントロールが出来なくなってミスったからだ。
不安が的中してしまった。びびて、ソフトに落とす事に意識し過ぎた。
風に吹かれてフライが思った場所より離れた、1m上流へフライを落としてしまいました。「あ!しまった。」
50cm位がベストだと思っていた。私は魚の前まで行くまでドラックがかかってしまわないか不安だった。
案の定魚の手前30cmでドラックがかかってしまい魚はチラッとフライを見ただけで無視をした。
私はすぐに次のキャスティングをしたい思いだったが心を落ち着かせる為に少しの間魚を眺めて次のライズを待った。
3分位経過した時だった。ターゲットが再びライズをし始めた。
今度は風を警戒して風速が弱くなる時を待った。何分か待って風が弱くなりチャンスが来た。
しゃがんだまま再び投げたラインが静かにフライを運んで落ちた。フライがゆっくりと流れて行った。
魚の前に達した時だった。50cm近い影がスロモーション画像のごとく浮いて来た。
大きな口を開け#20のBWOスパークルダンを吸い込んだ。
魚の頭が20cmほど水中に沈んだのを確認して軽くロッドを立てた。
ずっしりと重みがロッドに伝わり大きな弧を描いた。先日の経験を生かして少しずつロッドに負荷を掛けた。
出来るだけ走らせない為である。
更に少し丁寧にロッドの負荷をかけた。魚のパワーを失なわせる事が出来るからだ。
左右にロッドを傾けて魚を混乱させ誘導する。徐々に魚のパワーが失われて行く。
魚の疲れが確認できた所で少しずつ浅瀬に魚を引き寄せた。ネットの前で軽く魚の頭を浮かせて中に入れた。
魚は50cmのレインボーだった。私は写真を撮ってリリースした魚の影を見送った。
大きな魚をランディイグすると少なからずポイントは荒れてしまう。
私はベストのバックポケットからペットボトルを出し、ごくごくと水を飲みほした。
一息ついた私は岸から少し離れた流木の上に座ってリールに巻き込んだティペットを確認して交換した。そして魚と戦った後の爽快感に浸っていた。
10分ほど経過した頃、ガイドのY氏がもう1匹が3m上流に移動してライズを始めたと教えてくれた。
私には解からなかった。
私は更に目安になる石や枝を示してもらい居場所を聞いた。
居場所は確認できた。
私が2・3回キャストしたがフライに魚が築いたが、まだ魚が落ち着いていなかったのか魚は水中に隠れてしまった。
まだ興奮気味の私はYさんに勧められコーヒーを1杯、飲むことにした。
二人で倒木に座りブラックコーヒーを飲みながらK氏が釣りをしているプールの方を眺めると対岸の紅葉に日が当たり、楓の赤やブナの朱色が輝いて加工写真の様に鮮やかな錦の林相が素晴らしかった。写真を撮って妻に見せてあげようと思った。
そのうち2匹目の魚が元の位置に戻って来た。
私は姿勢を低くして近づき大胆に1投目をキャストした。
魚のライズリズムに会わずフライは通り過ぎた。気を取り戻し更にそっと魚の近くへフライを落とした。魚はスーと頭を水面から出してフライを咥えた。
私は軽くラインを張るように合わせた。その場で首を振っている魚を少しの間、見ていたが流れから私の近くに誘導した。少し強引に寄せるとY氏に注意されてしまった。
前日ばらしたのにポイントを荒らしたくない私はついついティペットの強さの限界までプレッシャーを掛ける癖が出てしまうのだ。
もし私がガイドだったらYさん同様に確実にキャッチする方を選ぶだろう。
丁寧に魚を寄せて写真を撮った。
私達は倒木に座って心地よい日差しを浴びて自然を満喫した。
ガイドのYさんがまだライズいている魚を「上流のポイントに居るKさんにチャレンジさせてあげませんか?」と提案した。「そうだね!」同意見だった。
Yさんが上のプールへKさんを呼びに行っている間、私はライズを見つけて魚のサイズと定位置を確認していた。
二人が戻って来た。
Kさんはライズを見つけ、直にキャストしまくっていた。もう少し観察して魚を選ぶと良いのに?私は思っていた。
その中の何匹かを釣った所で虫の流下が少なくなったのかライズが遠のいた。
それを機掛けにフィニッシュになった。

3日目少し離れた手ごろの渓流へ行った。
本来、入渓する予定だった所に車が駐車いていた。車を見たYさんが車の持ち主に携帯で電話している。どうやらガイド仲間の車らしい?入渓点を上流へ変更した。車一台が通るダートを少し上流へと移動した。牧場のフェンスに囲われた牧草地があった。
車を降りて牧場のフェンスを登る予定だったが牧草の堆肥を運び込むトラックが来てフェンスを開けたついでに入れてもらった。
Yさんが「今日は開けたままですか?」聞いたら開けたままの様だ。
中に入れてもらった私達は牧場を横断して反対側の策に向かった。
私は歩きながらYさんに放牧地かと聞いたら違っていた。
牧草を育ててロール状に巻いて冬の保存食にする場所だと判った。
牧草地を横断して柵の近くに来ると向こう側に川が流れていた。
Yさんが灌木の間からかがむようにして、すぐ下の大きなプールを除いていた。
プールには大小30匹前後の魚が泳いでいた。その中の1匹はあきらかに60㎝近かった。
Kさんがチャレンジすることになった。
私達は膝に手をつきかがみながら魚の居場所を見失わないよう見ていた。
Kさんが牧場の斜面を遠回りして降りて行くのを待った。
河原に降りたK さんが、下流から姿勢を低くして近づいて行った。
侭の上からYさんが、魚の居場所を丁寧に知らせたが、実際の所分かっていたか私には分からなかった。
ポイントへ少しつつ近づいた。Kさんが無造作にラインを出しキャストした。かなりラインは短かった。水面を叩いたラインだった。
蜘蛛の巣を突っついたようにほぼ全ての魚が灌木の中に消えていった。上から私達が数分見ていると大きな魚を除いた数匹が引き返して来た。警戒心の薄い小型の24・5cmの魚だ。
3度目のキャストでKさんが釣ったのを確認して私達も川へ降りる事にした。
私は更に下流へ回って河原へ降りた。対岸の林に沿って上がって川が右岸になった所で浅瀬を渡った。22・3cmクラスの魚が何匹かライズした。
離れた所で良さそうな場所を5分ほど見つめていると少し大きめ(まし)の魚のライズを確認した。食ったのは明らかにウィングの立ったメイフライだった。
フライボックスからウィングの付いたダンタイプのフライを選んで6Xのティペットに結んだ。最初のキャストだ。
#16のフライが思い通りに流れて行く。フライがライズの場所へ達した。スッと浮いて来た魚が警戒心なしにフライを飲み込んだ。私は軽く合わせる事が出来た。
一瞬ロッドを絞り込んだ魚は35cm位のニジマスだった。その場所で何尾か釣ったが小さなライズはやはり小さい魚だった。
少しづつ上流へ移動するが大きな魚のライズは無く時折ロッドを出して見るが小型しか出てこなかった。最終ポイントで良いライズを見つけた。私達はKさんを待って、ライズ場所を確認して釣ってもらう事にした。
Yさんと私がライズポイントを説明しても思うように伝わらず。Kさんが近づきすぎたのでライズが止まってしまった。少し待ったが本命の魚のライズは再び起こらず。小型の魚を狙う事になった。小型の魚を釣った所でフィニッシュにしてた。
3人でお茶飲み記念撮影をした。

 

 

 

 

1投で釣った35cmの魚

 


4
日目
今日は私にとって最終日です。前日、予約の飛行機を確認電話したら、キャンセルになっていた。急遽、帯広空港14時30分を取り直した。
「時間が無ければ明日はゆっくり空港へ行けばよい」とYさんに告げました。
明日の予定の場所は空港に近いので問題なく釣りが出来ると言ってくれました。
次の日の朝、会計が済んでもう一度「無理しなくてもいいですよ!」「任せて下さい、面白い所が有るのです。」
彼に任せる事にしました。ロッジを出て車は空港方面に向かいました。
川はかなり下流です。こんな町中に釣り場が有るのかな?任せるしかないな?
途中急に右折した。見たことが有る川沿いに上流へと昇って行きました。そのうち何処を走っているか分からなくなった。広い道路を右折林の中をしてしばらくすると川が現れた。
到着した場所は川と言うより池のような場所でした。
車を停車して車から小型のボートを出しエレクトリックモーターを取り付け乗船して入り江や落ち葉の浮いている場所をゆっくり流しながらライズを探します。岸近い場所は水中の魚を探して。葦際や岸際のバンクを2人で見つめた。下流部で小さなライズを2・3匹き見かけただけだった。
ボートを下した処から上流へ移動すると対岸、岩盤付近に落ち葉が沢山浮いている場所で小さなライズが有った。
よく見ると水中に10匹近い鱒が居ます。その中の1匹は50cmを超えていた。
そのポイントに軽くフライを投げたがまったく反応がなかった。少し上流へ行くと中州が有り左右に分かれていた。中州にボートを止めて上陸した。右側の奥の方が上流の流れ込みになっていて左側は僅かにゆっくりと木の葉が動いているくらいだった。
右側で小さなライズを見た、軽くフライを落としたが反応もない。見えていた魚も無意識のうちに消えていた。
ガイドのYさんが左側でライズを見つけた。私が場所を聞くと奥の入り江から風の影響か僅かな速度で枯葉と泡がごくゆっくりと流れていた。
Yさんがライズを見つけた。「左から流れてくる一番大きな枯葉の30cm後ろだと指示してくれた。そこをじっと見つめて次のライズを待った。
私はライズを確認した。
私はそっと射程距離まで近づいた。
そして右側の離れた影響のない場所へ、フライラインをキャストして距離を測った。
私はライズの有った方角へ角度を変えて無駄なフォルスキャストをしないように意識してラインを浮かせ、前に一回、後ろに一回、左手で軽く小さくホローしたラインは真直ぐにポイントへソフトに落ちた。
思わず!私は心の中で「パーフェクト!」叫んだ。
ロッドを立ててフキングした。Yさんも同様にパーフェクトと言っていた。
私は絶対逃がさないと魚を丁寧に誘導した。
右に左にとロッドを傾けて魚を誘導して魚の弱るのを待った。
魚の体力が少しずつ衰えて行った。
魚の頭を上げて空気を吸わせた。
一気に弱った魚をランディング・ネットへと誘った。
水面から僅かに頭を持ち上げた魚がネットのワイヤーを超えて中心に収まった。
魚を見て、2人は興奮しながらすべてがパーフェクトだったと 言い合った。

初めての北海道フライフィッシングのフィニッシュは私のメモリアル・パーフェクトフィッシング十傑中の1匹で終わった。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください