岩魚つり遠征

 

平成26.年7月29日30日岩魚釣り。

一年ぶりに訪れた谷での釣りです。

今回初めての参加者H本さんなぜかフライに魚がでると早合わせですっぽ抜けます。

最大のイベントは同行の2人が見ている前で大きな岩魚に2度の合わせ切れでした。

本人の告白によると大きな魚を他にもバラシたりしたようです。出た魚を全部釣ったら倍の魚をキャッチ出来たそうです。

 老夫婦が切り盛りしている宿では何時も食べきれないほど出るおかずの他に土用の丑の日だからとなぎのかば焼きをサービスいていただきました。

同行者が付け合わせに出たミズが美味しいと言ったら帰りに土産まで持たせて頂きました。おかみさん、だんなさん、誠に有難うございました。

 2日間のんびり3人で楽しめた釣行でした。

 これからこの地に行く予定のSさんFさんとMさんへ岩魚たちをあまりいじめないでくださいね。 年寄りフライマンからのお願いです。

IMGP14.07.29-1 IMGP0899 IMGP0900 IMGP0905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hさんの早合わせ。

 




山岳渓流

 

7月8日(火) 山岳渓流

歩く事2時間、林道から藪こぎをして川に到着したのは9時を過ぎていました。

川は前日の雨の影響で25cm以上の水位の上昇です。

対岸に1人が渡って釣り上がる予定でしたがこの増水では渡れず、減水して渡れるようになるまで交互に釣る事にしました。私とS氏でペアを組みました。釣り始めてすぐに大きな岩魚を発見しましたがそれは対岸の巻き替えしで手前の増水した流れがじゃまをして上手くフライが流れません。

リーダーを持ち上げて大きく手を伸ばすように指示をしましたがなかなか上手くいきません。

私がロッドをかり動作を見せようとした時に一瞬フライに出てしまい思わず空ぶってしまいました。その後ロッドを返しS氏が何度か流しましたが2度と出てきませんでした。

少し上流では先に釣り上がったH氏がすでに2匹を釣り今日のポイントを仕草で合図しています。

私達は追いつき次のポイントにフライを流しました。

最初の魚が出てきましたが早合わせでフキングせずおわりました。

2匹目の魚はフキングしましたがばらしてしまいました。

いつも丹沢で釣りをしているS氏のヤマメの合わせが抜けません。

なれるのに何回か失敗しましたが7匹を釣る事ができました。

対岸に渡ったH氏は20匹を釣ったようですがあまりにもゆっくり出てくる岩魚にてこずり空振りとバラシの連続だったようです。H氏が言うには大きい魚ほどスロモーションのように出て口を遅く閉じるようです。

どうしてもシーズン最初は多くのライマンが同じ事を繰り返しているように思います。

IMGP0856-1

 

 

 

IMGP0861-1

 

 

 

IMGP0863-1

 

 

 

P1010709

 

 

 

 

 

P1010718-1


忍野探索7月1日(火)

7月1日(火)忍野探索

12時に柳原うどんに到着しました。

うどんを食している内に大粒の雨が降って来ました。この時期には良くある事ですのであまり気にせずに食事を終えました。

店を出てローソンでデザートを買ったころには雨はあがりさかな公園の駐車場へと向かい臼久保橋から川を見ると川はカフェオレ状態です。

Uターンして漁協の駐車場へ行くと上流にある橋の際にある側溝から濁った雨水が流れ込んでいました。

それでもところどころから湧き出ている対岸の綺麗な水で川は底が見える程度まで透明です。

小さな堰から井戸端の下流付近まで下がって妻だけが釣りをしました。

何人かの釣り人がいましたがニンフを使っている妻だけがイワナ・ブルック・レインボーを5・6匹釣る事ができました。

この場所でニンフを使う釣り人が少なかったのでしょう。

2時半を過ぎた頃にK島さんへ電話すると金田一に居るので合流する事にしました。途中の崖下で妻を置いて金田一に行って少しの間釣りをしましたがあまり状況は良くありません。

K島さんとS字へ移動することにして支度をしていたら上流から来た「妻が大きくてレインボーラインの綺麗な魚にフライを取られてしまった」と興奮した口調で話しました。

優しいK島さんが妻の話を聞いてくれた後にS字で一緒に釣りをする事にしました。

S字ではK島さんが2・3匹釣った後に用事があって帰りました。

その後スピナーホールが出来てその虫が落ち始めました。そして釣れたのが写真の40cmのニジマスです。スピナーホールの次はストーンフライのハッチが有りまたまた釣れだしました。最後にヒゲナガが出始めましたが今回はフライを変えるのがしんどかったので帰りました。今日の釣果は妻が8匹私がS字5匹でした。

今日みたいに釣れると妻の機嫌は最上級に上がります。

IMGP0843

 

 

 

IMGP0851

 

 

 

イグチダケ-1

 

妻の撮った写真です

イグチダケ 食用になると思いますが私は食しません

 

ヤマアジサイ

 

 

ヤマガクアジサイ

 

 

 

 


6月23・24日 遠征岩魚釣り

1日目には何とか2箇所の釣り場で5匹づつ10匹を釣る事が出来ましたがフライに出た魚ほぼ全てを釣ったのであまり魚が居たとは思えません。 2日目は1日目に河原を歩きまわり疲れてしまったので釣りに集中できずプールで時間だけ使った感じでしたので参考になりません。 今回は1日半の釣行でしたが以前はあまり合わなかった餌釣りグループと最近度々バッティングします。なんとなく資源が乏しくなっているように感じられます。  毎年徐々に状況は悪くなっているような感じがします。 それでも一雨降って増水位したりすると再度スイッチが入り良い方向に進む事もあるのでそれを期待しましょう。 IMGP0827-1       IMGP0831-1       IMGP0823-1


ねじ花

ネジバナ3

 

 

 

 

ねじ花

何年か前に我が家の庭の片隅に1輪(1株)芽生えたのをみつけてあまりの懐かしさに

感動してしまいました。

そのネジ花の種を庭にまき育てた写真です。

私が子供のころには何処にでもあったねじ花。

近くの河原や住宅街の無舗装の小道はネジ花の様な小さな植物にとってすみ良い環境でした。
そのねじ花が今ではヤフオクで売っている時代です。

きっと私達シニア世代が懐かしさのあまり買ってしまうのでしょう。

ねじ花はランの仲間で単独で栽培するのはむずかしいようですがなぜか私の家の入口が好きなようです。