2012秋田釣行

 還暦すぎたフライマン3人の秋田釣行です。 高速道路を交代でひた走りして現地に到着してすぐに宿へ荷物を預けて山に入ります。 早々に林道に車を止めて谷へ入ります。 リールをベストにいれロッドを背中に結び皮手袋を装着していつものように下りていきます。 今回は3人で釣りあがるのでいつもの入渓点より下流の前回150kgクラスの熊のいたポイントまで下ることにしました。 私は同行者2人が支度をしている熊ポイントからさらに1つ下流のプールまで下ります。 過去に経験のなかったポイントからのスタートでちょっとだけ興奮気味の気持ちを抑えて最初のキャストをします。1投目から出た魚はいつもの通り空振りです。次に出た魚をキャッチし最初の1匹目と称していつもの通り写真をとりました。 その後もこのポイントで3匹を釣り上流のプールまでの瀬で2匹を追加して同行においつきました。 彼らもすでに案内人のI氏が2匹とほぼ初心者のO氏が1匹を釣っていました。それぞれ最初の1匹を写真に収めた所でした。I氏が私の前でブッシュの陰にキャスしたが途中でフライが見えなくなり探しているうちにポイントへ流れていきます。 I氏ブッシュの陰でフライを見失い仕切に探しています。「あっ出ました。出た・・出た!」私の言葉で合わせて3匹目を釣りました。

先々良いスタートをきれて釣り上ります。何匹かづつ釣れた後に所定の何時も釣れない区間がきました。 釣れる区間まで竿を出さずに河原をあるきます。初心者のO氏は時折竿を出しますがやはりだめです。 I氏の判断で竿を出し始めるとまた爆釣が始まりました。 その状態が1時間ほど続いた所でI氏が「そこの1匹で昼にしようよ」 休憩して昼にすることにしました。 食後すぐに釣りに入ったO氏、自分の前にいる魚、フライを食いにきてるのになかなか食いつきません。 ちょっとしたドラックでもゆっくりと帰ります。 この魚をあきらめ釣り上がります。釣れゆきがおかしくなってきました。 それでも再上流のこうポイントへ行けば爆釣だと高を括っていました。 急に本調子でなくなってしまいました。I氏がO氏に「Oさん水温を計ってみてくれる?」 少し経過しO氏「約2℃さっきより下がってるよ。 I氏「う・・・雪しろが入ったか?」 その後は飽きない程度で釣れましたが後半の爆釣はありませんでした。 教訓「釣れる時に釣っておけ!」お年寄り3人には合わないかな?・・・・ 1日目の終了。

2日目もかなり爆釣でした。 この日は早々終了して山菜のミズを収穫しました。 3日目は朝起きたらやはり前日の天気予報通り小雨が少し降っています。 「どうしようか?」I氏「S氏達だったらこの雨なら沢山釣れそうだと今日もやるな!」 勝手な事を言いながら・・・・ 2日間爆釣だった私達は竿を出さずに帰ることにしました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真はI氏の釣った32cmです。


7月3日南アルプス釣行

予定の専用バスに遅れてしまいましたが、私達より少し遅れて駐車場に着いたフライマンと早々に乗合タクーで釣り場へ行けました。 現地に着き林道を歩き始めて10分ほどで妻でも下れそうな入渓点を探しました。 比較的簡単な場所を選んだのですが前日夜遅くまでか洗濯や片付けをしていた妻は寝不足がたたって、川に下りるのに少し大変だったようです。
前日の天気予報では午後3時ころから雨の予定でしたが釣り始めて間もなく小雨が降り始め、11:00ころには小雨は降り続く状態になりました。 釣りをするには影響がないと言っても雨の中の釣りは妻にとって厳しいと思います。 妻に最初の一匹が釣れた時点で昼食をとりました。 小雨の中、木陰で休み始めたのがちょうど12時でした。
その後は1時半まで釣りに没頭しました。 帰りは河原から林道まで苔生す自然林の中を二人で息を切らせ休み休みゆっくり上がりました。
林道を歩いている妻が「雨の中を歩くのも気持ち良いね!体は濡れないし、靴の中はむれずに快適だね!」 雨の中を歩く経験のなかた妻にとって初めての経験であるゴアテックスのウエイダーにゴアテックスのジャケットを着て大自然の中を歩くのはよほど気持ちよかった様です。
バス停には私達夫婦の他に登山客が1人しかいませんでしたが乗り合いタクシーが出てくれました。 マイカーの置いてあった駐車場まで下りてきて雨具を脱ぎそのまま日帰り温泉で身体を温めて帰る事にしました。
日帰り温泉では失礼して玄関わきでウエイディングシューズを脱がさせてもらい、いつもの、ドボンセット(転んで水没した時の着替え)を持ち風呂場へ直行しました。
身体を洗い内風呂から露天風呂へ移動し、小雨で霞む山間を眺めているうちに睡魔が襲い時間を喪失しそうになり、「これはまずい!寝過ごしそう・・・!」 風呂から早めに出て妻を待ちました。
私が受け付けの女性とハイキングや釣りの談義をかわしていると妻が気持ち良さそうに風呂からでてきました。 「あー気持ちよかった!」 せっかく来たのに雨に降られて辛かったのではと心配していた私としてはほっとしました。
風呂に入って快適になった妻は帰り道を運転をしてくれました。 なぜか私が何年振りかに車酔いしてしまいました。 心配して双葉SAで休憩をとってくれた妻、その後も運転してくれましたのでほんとうに助かりました。 「有難う!これからも一緒にいろいろな所へ行きましょう。」

           
釣果は妻が1匹とバラシが(キャスティングをコントロール出来フライが見えるようになったら早合わせで3匹も 。 私が前半合わせ切れでいつもよりミスが多かったが10匹前後でした。