千曲(川上)10年ぶりの釣友と

「こんなはずではなかった。」千曲川10年ぶりの釣友の第1声です。 彼が最後に川上へ釣りに来たのが丁度10年前の4/29でした。当時は彼と私とE氏の3名での釣行でした。 その日もあまりにもの釣れなさで早々帰路に立ち途中忍野へ寄りダブルヘッターでした。 彼はその後川上から遠のいていました。私は一昨年何人かの初心者が岩魚を釣って見たいと言葉を発した事が切っ掛けでGW後に4回の釣行をいたしました。昨年は伊豆や丹沢と各河川の状態もあまり良くなかったのをきっかけに型を見るくらいの気持ちで3度の釣行をしました。結果面白い釣行ができ、今年に至ったわけです。 昔ほど魚は多くなく、水質も変化しつつある千曲川では昔と比べて釣りをしてはいけないのかもしれません。昔の事を言うと鬼が笑う云いますが10数年前と比べると極端に魚は少ないです。それは冬ばにある区間かなりの流程で一滴の水も残らず川が枯れてしまうからでしょう。今回は冬場に水の無い場所を避け釣りましたが昔と比べると魚も少なく、おそらく放流も少ないのでしょう。。今回の釣行が全てではありませんが千曲川では釣りをする時期や釣り方いろいろ考えさせられました。 昔はサンデーアングラの私でも1日50匹、つれなかったなーと思っても20匹、最高に釣れた日などは80匹以上の時もありました。それらは全て千曲川でフライフィッシング・スクールをする以前の事でした。自然環境の変化に伴い水棲昆虫の激減などがこのような自体をもたらしたのでしょう。我々釣り人だけは少しでも自然を大事にしていきたいですね。 昔も今も変わらないのが八ヶ岳に向かって流れる千曲川だけです。

21429kawakami-2.jpg 21429kawakami-3.jpg 21429kawakami-1.jpg 21429kawakami-4.jpg フタバコカゲロウとマイクロカディス

21429kawakami-5.jpg 21429kawakami-6.jpg


4/21今年も行ってきました。箒川

天気予報はあまり良くないです。 雨が降れば降り際に水棲昆虫が大量にハッチするかも。 天気が良くて気温が上がればそれはそれで魚の活性が上昇する。 よりよい方に解釈するのが釣り人の性です。 そんなこんなで出かけてしまいました。 1日中雨合羽が必要でしたがなにせ大量放流の箒川です。条件は良くなかったですが魚影は濃くドライフライでピンポイントに攻めれば魚は出てきました。 この日の為に休暇を取って参加したSさんはライズの難しい魚を含め6匹の魚をキャッチして満足のようでした。 この次期の箒川は経験の浅いフライマンにピンポイントで魚の居る場所を教えるには絶好の河川です。 魚の居る場所を30cmドラッグフリーでゆっくり流せば必ず魚は出てきます。 午後の後半は気温も下がりより難しくなりましたが昨年と連続の同行者は15匹以上の釣果を出しました。

imgp0394-2.jpg

小型ながら難しいライズを釣ったSさん

imgp0398-2.jpg imgp0401-2.jpg imgp0402-2.jpg

上のヤマメと岩魚の釣れたポイントです。画像の上流部でヤマメ下流で岩魚が出ました。

imgp0412-2.jpg

 S さんのカディスにパックリ食いつきましたがリールに絡んだラインに気を取られていつまで経っても合わせなかたヤマメその後何度かカディスを流しましたが出てこなかったので選手交代、私のロッドに付いていた異なったフライを流したら簡単に釣れました。

imgp0407-2.jpg

S さんはすぐ上流のポイントで新たなヤマメを釣りました。

210421siobara-006-2.jpg 210421siobara-005-2.jpg

2年続けて同行のKさんと満開の桜です。ロッドはチャリスペです。

210421siobara-002-2.jpg

3年続けての参加者のI さんの釣ったヤマメです。  I さんと私の画像の袖口が同じですが実は釣行前にI さんが購入したS社のリバーシェッド・ウェディングジャケット試着したら良かったのでお揃いで購入しました。 結果はベリーグッドでした。価格は少し高めですがフライマン用ですので他の製品には無い良さを感じました。購入はSTREAMSIDEでね!試着もOKです。

imgp0413-1.jpg

ポケットいっぱいのベストを着ていても無理なくジッパが閉まり、ジャケットのポケット左右にもフライボックスの収納が可能です。価格は税込み42,000円です。送料、代引き手数料無料。 年1度の塩原、箒川からでした。


第39回SSJ芦ノ湖FF大会が開催されました。

H21年4月12日(日)SSJ芦ノ湖FF大会が開催されました。 当日は天候に恵まれ、参加者総勢27名が7時出船と同時に思い思いのポイントへ散っていきました。魚影は濃く丁寧に釣れば二桁は軽く、40cm級を2匹揃えたフライマンが上位を確保いたしました。 ゴールデンウィークまでは水温も安定していて比較的簡単に釣果が出ると思います。その後は魚が水温の上昇と共に徐々に深場へ移動していきます。天候に左右され曇りや小雨の日に水温が低くベストコンディッションになります。 大会画像です。参加者で必要な方はメールでお知らせください。印刷可能な画像を送らせていただきます。

imgp0355.jpg imgp0356.jpg imgp0357.jpg imgp0358.jpg 

煙状の花粉の画像 大会風景

210412asinoko001.jpg 210412asinoko002.jpg 210412asinoko003.jpg 210412asinoko004.jpg 210412asinoko006.jpg 210412asinoko005.jpg imgp0361.jpg imgp0362.jpg imgp0363.jpg imgp0364.jpg imgp0365.jpg imgp0366.jpg imgp0367.jpg imgp0368.jpg imgp0370.jpg imgp0371.jpg imgp0372.jpg imgp0374.jpg imgp0375.jpg imgp0377.jpg imgp0379.jpg imgp0381.jpg imgp0382.jpg imgp0384.jpg imgp0385.jpg imgp0380.jpg imgp0383.jpg imgp0386.jpg imgp0388.jpg imgp0390.jpg imgp0392.jpg