忍野の紅葉

忍野の紅葉11月11日、今日は家庭サービスです。昨年同様、紅葉狩りに行くことになりました。釣り人の多くはフィールドへ出かける経験から、毎年どこで紅葉が始まるか云わずずと知れたことです。

昨年は道志道沿いに山中湖を目指して標高を上げていきましたが家を出たのが遅く午後の日差しになりドライブ中は逆光でまぶしく少し残念でした。それを反省に、山中湖方面から道志道を通り宮が瀬ダム経由で帰宅予定を組みました。

昨年より週間ほど早い紅葉狩りの為山中湖付近が紅葉のピークとみて、家を10時までに出発する予定でしたが。案の定、家内の支度が遅れ、家を出るのが12時半を過ぎてしまいました。怒る気持ちを抑え何事もなかったように出発です。

 小山バイバス辺りから錦の色付が徐々に増し、富士の自衛隊学校ではミズナラの樹林がオレンジ色に重なり合い自然林の美しさを一層引き立てていました。更に富士五湖道路のトンネル上の林は、七色に染めた樹木がいつもながらの美しい林相で魅了します。忍野の出口を降り、柳原うどんの前を通り車中から「此処が腰の強い柳原うどんだ」と家内に説明し、そのまま第一目的の天祥庵(そばや)へ向かいました。途中、釣りでは毎週のように通っている忍野の紅葉の素晴らしさについ車を止めていつもの釣り場の写真を撮ってしまいました。天気が良かったらもっと、もっと良い画像をお見せ出来たと思うと少し残念です。

来年は忍ラーの釣友達とスポーニング、トラウトのウォッチィングと紅葉狩りを計画したいと思っています。

imgp0196-1.jpg  imgp0194-1.jpg   imgp0192-3.jpg

天祥庵でぶっかけ蕎麦を食した後、ビール園でビールを飲みたいところですが我慢し富士吉田の道の駅によるだけにして、山中湖の北側を通り道志道の紅葉見物に出発。道志の道の駅を見て新鮮な野菜を買い求めたところで標高が下がってみると紅葉はわずか早い状況のうえ帰路に時間がかかる事を考慮して急遽帰りのルートを変更して、山中湖へ戻り南岸を廻りで帰路につきました。 追伸:光線が暗くなりかかっていたので画像は撮りませんでしたが平野地区から138号線の交差点までの道路脇左右の真紅のもみじは素晴らしかったです。