7/22 南アルプス

家から4時間30分さらに歩いて1時間、林道から除いた水溜りに数匹の岩魚が、よしここからだ工事車両の搬入跡から河原へ。
早々に支度をして水溜りへ見に行く、気配を感じたのか直ぐにジャカゴの下へ潜ってしまた。
つれのI氏は本流へ。 私は水溜りの下流の青ノロびっしり付いた場所へ移動。
ここにも小型の岩魚が2匹ゆっくりと泳いでいたがそのうち柳の木の下へ。
諦めて本流へ行く前にちょとだけ流れ込みを覗くと戻っていた岩魚を発見(赤い枠の中)そっと木の枝をよけ魚の後方へと近づきラインを下流へ出し距離を確認し、ロールキャストで1投目にパックリ食ってくれた30cmの岩魚君です。
大きいわりにはスリムな体型をしていました。いわゆる痩せていました。

imgp9252-01.jpg 005.JPG

その後、I氏の後を追って本流へ、間隔
少しあけて上流へはいりますと云ったが、付いた所は砂で埋まって行けども行けどもポイントらしき場所がなかなか見つからない。
p7220231-1.jpg  p7220230.jpg

2時間ほど歩いた結果2人で下流へも戻ることにしました。そして下流の橋から適当に下って橋まで釣り上がることにしました。この時点ですでに1時を回っていました。
川に下りて釣り始めると最初のポイントでチョンがけバラシ2個目のポイントで空振りとチョンがけ、次々とやってしまいました。だいたい1投目に釣れた日はあまり良くない事が起きるんです。愚痴「昔NZで相棒と2人共に1投目でブランを難なく釣れた日がその後まるっきりだったように、今回も予感を感じてしまいました。」1時半頃から約1時間釣り、I氏が2匹、私はやっと橋の下の支流の合流地点で1匹です。
一旦林道に上がり更に下流へと移動、延命水の湧水より更に下流へ移動、下流を約1時間釣りあがり、巨岩地帯の直前で林道へ上がり終了、その間でI氏が更に2匹。
私は見に来た魚が1匹だけでした。車止めへ戻ってへたへたの身体でウェーダーを脱ぎ、「疲れた身体にはやっぱりシムスはいいなー・・・!」でした。4時20分現地を出ましたた。

写真は橋の下で釣れた岩魚 とI氏の釣った尺岩魚

 p7220241-1.jpg imgp9258.jpg imgp9249.jpg p7220234-1.jpg p7220246-1.jpg p7220239-1.jpg


今週も行ってしまった千曲詣で7/15

今週も岩魚釣り始めてのK君とマンツーマンで千曲詣でです。 

  車中よりフライフィッシングとは何ぞや、やはり釣りは釣って何ぼや、釣るにはどうしたら良いかと車中3時間話ぱなしで現地に着きました。
天気が良いことはイワナを釣るのが難しいことです。 予め目当ての場所へ入川。ポイントごとに立つ居地を指示しその訳を説明しながらの釣りになりました。ここからあの場所のポイントを私の右から正確に投げてください。それはストレートラインでナチュラルドリフトするにはここが最適な場所だからです。葦の枝を避けて、ラインは流れに引っ張られずにフライをポイントへ落とせる場所だからです。最初はそのような事を意識して釣りをして下さい。そのうちに無意識に出来るようになります。また、なるように身につけてください。私は具体的にハッキリと指摘することにしています。
 その方が釣り人の感性を引きだすことが出来ると思うのです。もっと厳しいことも平気で云います。「あの30cmスポットへフライを落として5秒間動かさずに浮かせて置けばイワナは必ず出てきます。それができればですが。」
 最初に釣れたイワナはエルクヘアーカディスを流したらフライを食う寸前で2度帰りました。それを視て「もうそのフライは投げないで下さい。合ってないフライを何回も投げると出なくなるのでフライを換えましょう。このフライに換えてください。テレストリアルフライを流すと簡単にぱっくり口の奥まで咥えて釣れました。その魚にストマックを入れて内容物を確認させたら蜘蛛が2・3匹とビートルの消化してないのが1匹でした。このように口で説明するだけじゃなく身をもって経験することが良いフィッシャーマンを生み出すのではないでしょうか。
この日の彼は9匹のイワナと1匹のヤマメを釣りました。1匹だけ釣れたヤマメは早瀬でライズを見つけた私がフライを1度流したが反応しませんでした。私は違うフライの付いている彼にバトンタッチしましたが彼は1・2度流してすぐにフライを変えました。そしてその魚を釣ったのです。「何で釣れた」私が聞くと「アントです。」しかもその魚に自分のストマックポンプを出し胃の内容物を調べたのです。胃の内容物はやはり陸生昆虫でした。彼はここまで来るとフライマンの入門は果たしたも同然です。
そしてこの日、イワナ釣り初めてでめでたく尺上のイワナもつりました。

携帯の写真しかないですが彼の初めて釣ったイワナを視てください。 chikuma-1.jpg  chikuma-2.jpg chikuma-3.jpg  chikuma-4.jpg


7月8日(川上本流)

川上本流の情報を元に今年2度目の千曲詣でとなりました。
 
本日は曇り時々弱い雨、最高の条件です。 タバコ屋のおばさんに入漁券を求めたついでに最近の放流状況など聞いちゃって昔のように橋の下ねらいで今日は3箇所ぐらいを想定しました。
1の橋は先日S氏より情報をいただいた。OM橋、最初の何匹かは簡単に釣れました。お魚は沢山いるようですがこれがなかなか難しく、同行者にはかなり苦戦のようでした。そのうち小雨が上がり青空が出てきて日差し後強くなり、これはかなわんと金峰に逃げ込み暑い中、汗を流しながらスポット狙いの巻き返しで黒い岩魚釣に徹して何匹か釣り日中のノルマを達成。
そろそろすずしくなってきたので下流のIK橋へ同行者2人は橋の上流の入川し易い場所から上のプールを狙って釣り始めたので私は橋の下流から入川して瀬のスポットを狙いながら追いつくことにしました。S氏の云ったとおりお魚は沢山いるようです。くるくる回るスポットへフライを5秒間止めていれば岩魚さんがでてきます。数匹釣って上のプールへ、同行者2人はどうやら苦戦中です。
プールが思ったより深くライズも少なく見るからに釣れなそう、2人を残し上の瀬に向かう、一つ目の瀬で3匹出て2匹を釣り、すぐさま下流の2人を呼び次の瀬で1匹づつ交互に釣りをする。同行者1人は上流へ他の1人は1番魚の居た瀬にもどり思い思いに暗くなるまで楽しみました。
私は早めにあがり心地よい疲れを満喫しました。
居倉で見かけたバンビーと金峰で見かけたヤマオダマキに似た花

p7080222-1.jpg p7080224-1.jpg p7080225-1.jpg p7080227-1.jpg