More from: 独り言

渓吉釣り日記(尺イワナの棲みか)

尺イワナの棲家

木々の葉が茂り日増しに山々が濃緑に染まるころ、渓流では水棲昆虫の羽化が最も盛んになる。この時期、羽化した水棲混虫を求めて渓流魚が活発に捕食をはじめる。そしてひと段落つくと花を咲かせていた柳の木の花は綿毛に変わり、風に吹かれて雪のように散り始めます。柳の木に付く蝶の幼虫が蛹になり羽化して蝶が優雅に空を舞います。蛹になる前に何らかの切掛けで流れに落ちた毛虫を大岩魚が捕食するのだ。時期になると渓吉は毎年幾度か顔を合わす岩魚がいた。彼は一件誰もが見逃す流れのアジトのような場所に棲んでいた。それは大きな柳の根元にある小さな壺のであった。その壺は要塞のごとく数々の小枝や流木で釣り人の侵入を拒んでいた。見た目より奥深く、静かに暮す尺岩魚にとって申し分ない環境であった。また彼の棲家から捕食場所までは極わずかな距離で済み、そこには多くの食物がたっぷりと流れて来た。30cmを超える身体の欲求を満たすのに充分な食糧だった。渓吉は年に1・2度、彼のヌメとした身体に直接手を触れる事があった。全身黄金色の身体はあたかも苔生しているかのようであり、顔には大水の時に出来たと思われる古傷が何本か付いていた。ぴんと張った胸鰭は身体の割に大きく尾鰭は産卵時のなごりであろうか下部に擦り傷があった。渓吉は必ずリリースの際に、老いて筋力を失った柔らかい張りのない腹を手のひらで支え「いつまでも元気にしていろよ!」と語りかけて緩やかな流れでそっと解放すのであった。
2・3年続いた交流であったが岩魚の寿命を考えれば彼と会えるのはすでに難しい事だと承知している渓吉だが次の年も次の年も彼に会いに行くのを楽しみに通い続けた。

imgp0064

 


初夏の渓流

車から降り、辺りを見回すと朝霧で霞む山々が墨絵のように稜線を浮かびあげていた。
冷えたきった空気が鼻腔に刺激を与え身震いした渓吉は「よし!」ウェーダーを履きベストを着て林道を歩きだす。頬に触れる空気が気持ち良い。1時間弱歩いた所で踏み跡を見つけ脇道に入る。新芽と小さな黄色い花を付けたクロモジの木を見つけた。小枝の先に水滴が付いている。その輝く珠は逸る渓吉の心に余裕を与えてくれた。
kuromoji2
渓吉が静寂な空気を肺中満杯に入れ、再び少しだけ早く歩きだすとどこかからシジュウカラの鳴き声が聞こえてきた。その囀りが徐々に近づいてきた。丁度真上で渓吉をからかうように小鳥達が戯れている。良く見るとの数羽のシジュウカラの中に1羽のコゲラが一緒に虫をついばんでいる。コゲラとシジュウカラの混群である。コゲラは他の鳥と群れ、混群をすることで良く知られている。互いに天敵から身をまもるのに都合がいいらしい。  
何も考えず歩くことに集中していた渓吉は少し息切れがした。カサカサと落ち葉の音が渓吉を追ってくる。気になった渓吉が振りかえると霧が上がり、乾いた空気が落ち葉をころげていた。渓吉は誰もいないのを確かめ、再び歩き始めた。20分ほど歩いた所で微かに川の音が聞こえ始めた。「もう少しだ!」少し荒い息でつぶやいた。

 斜面を下りて瀬を前にした渓吉は汗ばんだ額を上着の袖でぬぐいながらパックロッドを組み始めた。上流の最初のポインに視線をやりそれを確認しラインを通した。そしてフライを選択して、自分の立つ位置を想定した。最初に結んだフライは何時もの実績のあるオリジナルフライだ、このフライは視認性もよくシンプルな割に浮力もあり敬吉は自信を持っていた。
釣り始めて10分ほど釣り上がったが魚の気配が全くない。3m先の岩上でカジカガエルが鳴いている。まるで木管楽器を奏でているかのようである。連れ合いを求めているのだろう。渓吉は彼の横をそっと気づかれないよう通り抜けることにした。それが功を奏したのかカエルのすぐ上流で最初の1匹がフライを咥えた。いつもの通り少し早目の合わせだが何とかフッキングした。23cmの丸々太った綺麗な山女だった。シーズン最初の釣りはいつも合わせが早く、慣れるのに必ず2・3匹の魚にお付き合いしてもらっていた。毎年同じ事を繰り返しである。
カジカカエル-3
少し上流の苔生した岩に数株のダイモンジソウが付着している。その岩に沿って流れる筋に手前から少しずつ上流へと移動しながらフライを流した。3投目に上流から流れて来たフライが岩の真横に達した時だったスロモーションビデオのように出てきた影がフライを水中に引き込んだ。今度は魚の頭が沈んでから合わせる事が出来た。ロッドを絞り込んだ魚が上流へと走る。チャリスペ3・4番ロッドがバットから半円近く曲がった。何度か走る魚をいなした。そしてIKEDA ネットに収まった魚は26cmを超えた大物だった。フックを外し、ベストからカメラを出し写真を撮ってリリースしたヤマメはダイモンジソウの岩の下へ姿を消して行った。渓吉はフライのぬめりを除いて乾燥してフックをロッドの上部へ掛けラインをリールに回して次のポイントへ視線を移し、静かに歩き始めた。「魚の活性が上がって来た!」声を出さずにつぶやいた。
ダイモンジソウ1

釣り初めて約十数か所のポイント経過したのちだった。花崗岩の砂礫で底色が白くなっている淵の開きに魚がゆったりと泳いでいる。渓吉が最初に見つけたのは魚の影だった、魚自体は保護色で見のがしていた。うかつに近づくと魚が水中を走ってしまいポイントをつぶして、すべて終わりになる事を敬吉は良く知っていた。ブナの木漏れ日が当たった水中のヤマメへのアプローチは繊細で緊張する瞬間だ。渓吉はリールから静かに必要だけのラインを引き出した。ラインを軽く後ろに振って一度でヤマメの30cm前に振り込んだ。「うまくいった!」静かに落ちたエルク・カディスの波紋がヤマメ付近まで達した。波紋でヤマメは視線をフライに向けて微動した。敬吉はしめたと思った。フライが流れに乗りわずかに揺れながらヤマメの前へと流れて行った。軽く尾鰭を振ったヤマメがフライに向かって浮いてくる。敬吉はこの僅かな時間がすごく長く感じていた。気が入り過ぎた敬吉の右手が動いてしまった。早合わせだ。むなしくフライは宙に舞った。冷静を失ってしまった渓吉は早合わせをしてしまったのだ。茫然とした。20秒ほど経過して溜息をついた渓吉は再び気をとり直しティペットにキズやトラブルが無いか確認し上流のポイントへと移動する。なかなか平静に戻れない渓吉だったが幾つめかのポイントで再度1匹を釣った事で心を落ち着かせることができた。朝は魚の活性が鈍かったのだが時間が経つにつれて魚の反応が良くなってきた。幾分飛び交う水棲昆虫も増えてきた。飛んでいる昆虫に合わせてフライを黄色いエルクヘアーに変えてみた。フライと魚の食い気が合致したのか浮いている魚のほとんどが素直に食って来た。数匹釣った所で出渓点に到達した渓太は踏み跡を見つけて、ロッドをしまいベストにくくり付けてメ竹の茂った林中を林道へと向かった。
takao-yamame - 1

 

 

 


乗鞍高原と穂高の紅葉

久しぶりに乗鞍方面と上高地へ行って来ました。

残念な事に乗鞍では前日に山頂付近で雪が降り積雪5cmに達したようでシャトルバスが運休になってしまっていました。
案内所で聞いたら山頂付近は今朝、氷点下9度まで下がったようでした。待っていてもおそらくバスは運行できないでしょうとあっさり言われてしまいました。
三段滝のゲートまで行けるのでちょど付近が紅葉の見ごろですので行ってみると良いです。アドバイスしてくれたので車で15分ほど登り三段滝駐車場に車を止めあたりをを見渡していると滝の方から戻ってきた男性に会いました。「どうでしたか?」彼は「少し、きついが見に行く価値がある立派な瀧ですよ!」とアドバイスしてくれたので妻と相談して行く事にしました。
林の中の遊歩道を歩きだしました。行きは下りで順調にいくことが出来ましたが帰りには妻の息が切れ何度も何度も休みながら帰ってきました。

IMGP1324-3

 

 

 

 

 

IMGP1326-3

IMGP0009-1

 

 

 

 

 

 

 

IMGP0017-3

 

 

 

 

 

宿は事前に予約をしておいた古民家を移築した福地温泉の草円です。太い梁や黒褐色に輝く板戸の趣が良いく私が幼少のころの我が家を思い出しました。梁の黒いのは囲炉裏の煤だとわかるのですが板戸や板張りの褐色の輝きはどのようできていたのか勝手に想像して黒漆か米ぬかの乾拭きで輝いているのか考えてみたが不明でした。子供のころに祖父母に聞いていればより興味深く楽しめたように。私達の部屋は屋根裏のような作りで外光が少くなく年配者には少しだけ部屋の明かりがが足りないように感じました。

食事処は掘りごたつ風の囲炉裏で和食を食べる事になっていました。
このあたりの宿は必ずと言って飛騨牛がメインディシュになっていますが以前近くの宿に宿泊した時にはA 5飛騨牛が脂っこく残してしまった経験がありました。今回はネットで直接宿に予約をした時に追加メニューとして飛騨牛の朴葉焼きを頼んでいました。
懐石風に前菜から次々に料理が出されました、どれも薄味でだしのきいた料理でしたので私達には合った美味しい料理でした。お腹も満腹でそろそろデザートで終わりのつもりでしたがメインの飛騨牛ステーキがでると言われてどっきり、妻と二人で食べきれない雰囲気を出してしまいました。焼き方をミディアムにしたステーキが出てきました。さすが日本料理ちょうど食べきれる程度のステーキが1人3切れ、わさび醤油でたべたらさっぱり難なくお腹に入りました。前半に食べた朴葉焼きも今までにない薄味の味噌と野菜で美味しくたべられました。

10月14日晴れ

私達は新穂高ロープウェイの第二駅(しらかば平駅)へと向かいました。
途中、中尾温泉のペンション群のを通り外ヶ谷の橋から紅葉を眺め今年の紅葉の良し悪しをを確認して別荘地を車で通過してしらかば平駅に到着しました。
今回はやっと普通(標準的な)の紅葉が見られると期待に胸を弾ませ早々に乗車券を購入して列に並びました。


2014年フールド

10月6日 今シーズンのフィールド・フィッシング  

3月の解禁は例年通り伊豆の釣行でしたが状況は型を見る程度であまり良くなかったように感じられました。

初期の大見川や本流はライズは少なく私にとってあまり釣りの対象にしませんでした。

魚が少ないと言っても大見川水系では例年に比べて小型行でしたが必ず型を見る事はできました。

本谷も例年より魚影が少なくなってきていると感じられました。
型は小型が大半をしめましたが数もそれなりに釣れ初心者の練習には良い場所だと思いました。

それにもましてなによりも川の環境が素晴らしいです。
谷へ下りると自然林の中を流れるクリアの水とヒメシャラや真紅の花を付けた藪椿は魚の釣れなかった釣り人の心を癒してくれると間違いないと確信しました。     

IMGP0659-2

 

IMGP0660-2


 

 

 

IMGP0648-2

 

 

 

 


例年より少し早めに行くことにした忍野はここ何年かで一番魚が少ないと言って良いでしょう。

昨年の漁期の最終日には忍野で生まれた鱒たちが27・8cm近くに育っていたがなぜか解禁日にはあまり見当たないです。ここ何年か同じような状態が続いています。

魚影の少なくなった釣り場では若い釣り人は少なくなり、釣り人の多くが私のように60代でした。
年配者は大量の釣果求めていないのでゆったりと半日程度の釣りができれば充分なのようです。
 

数年前の大増水後の環境変化により川に大量の土砂の流入により底が上がってしまい浅くなってしまいました。

砂底では水草が定着せずに魚の棲家が少なくすると同時に水棲昆虫も少なくしていまいます。
 川に水草が生い茂っていた頃には常連の釣り人達は20匹程度のキャッチ&リリースが出来ていました。
今の忍野では釣り人が10匹釣るのが難しい状況変ってしまいました。
このような状態ではたまに来る釣り人が一日釣るには厳しいと思います。

今年の忍野は数匹釣れるだけで満足できるシニア世代の釣り場となってしまったようです。
常連シニアの中には週に2から3回も釣にきています。
彼らは忍野を精通していてどのポイントで
どんな虫のハッチするか、更に時間帯までも判っています。

彼らは多くのフライを巻きいかなる状況にも対応できるようにしているようだった。
当然他のどの釣り人よりも釣れていた。

 

IMGP0674

 

 

 

2014.osino.big1

 

 

 

今年の忍野最大鱒

2014.ハジメテのブラウン

 

 

 

初めてのブラウントラウト

IMGP0737

 

 

忍野生まれの虹鱒

IMGP0913-1


 

この景色もいつまで見れるのか?


世界遺産を意識したのか川岸の一部に少し残念な形の砂利を敷いた遊歩道ができました。 笑っちゃいます・・・・

今年はさらに
新金田一橋の架け替えがありました。
中州に有ったアズマイチゲの群生がブルでかき回され残念な思いをしましたが隅の方に僅かに残ってくれたので少しだけほっとしています。

しかしながらこの先、河川管理の為と称してさかな魚公園から金田一まで小型自動車が入れる遊歩道を作るようです。
この区間には貴重な植物が多く見受けられます
これらの希少植物が絶滅するのを見守る事しか出来ない自分に腹立たしく思いました。 

IMGP0756

 

 

エンレイソウ

IMGP0763

 

 

あけびの花

IMGP0766

 

 

ゆりの仲間

IMGP2142

 

 

 

エンゴグサ


IMGP0801-フタリシズカ

 

 

フタリシズカ

ヤマアジサイ

 

 

 

ヤマガクアジサイ

イグチダケ-1

 

 

 

イグチダケ

 

芦ノ湖 恒例のSSJ芦ノ湖FF大会と芦ノ湖について

今年は仕事の都合で大会の他にったった1度の芦ノ湖釣行でした。
 それもGWに入ってからの釣行ですでにシーズン終わりの状態でした。
おそらく特別解禁の中止が成魚放流量に影響を与えてしまったのでしょう。

4月13日の芦ノ湖FF大会も近年にない厳しい状況でしたが長期にわたって芦ノ湖でつりをしてきた参加者はそれなりの結果をだしました。

その後は1週間ほどで状況が悪くなり、連休至っては全く釣れない状態でした。  

a45[1]

 

 

 

 

第44回チャーリー記念FF大会

??????????????????????????????? a46[1]

 

 

 

 

二位虹鱒

 

 

 

 

一位の虹鱒

 

渓流の岩魚釣り

6月から9月にかけて毎年岩魚釣りへ行きますが他の釣り場同様に毎年場荒れが進み数年前までは日帰りのできる渓流で10匹程度の釣果は何処でも釣れると思っていましたが今年は5匹釣るのが大変になってきました。私の腕が落ちたのかも。

渓流雑誌の影響でしょうか入渓点と出渓点が限られている渓流でも上流から下ってくるルアーマンや下流釣り上がって来た若者がいつの間にか、あれ足跡がる?途中から私達の前にいたこともありました。
もっとも最悪は私達の前を上流、下流と行ったり来たりするルアーマンです。 ・・・・苦笑

P1010709IMGP0831-1

 

 

 

南アルプスの岩魚

 

 

 

山形の岩魚 

IMGP0901

 

 

秋田の岩魚


また長年、はずれのなかった川ですが雑誌に紹介されただけでその川の上流(源流)までがわずか2ヶ月で踏み跡だらけで魚の気配すら無くなってしまった所も有りました。

川岸には草木が踏み倒され見る影もありません。この川は昨年までは毎年、年に1・2回の釣行で人に会う事は1度もありませんでした。
勿論人の気配や足跡などありませんでした。

いつも1泊2日の釣行の最終日に入る河川で同行者2・3人で4・50匹の岩魚が釣れてました。

私は同行者の釣りを気にせず時間の半を土産するミズ(山菜)採る事に夢中になりました。
来年からミズと魚のいる他の場所を新たに探さなければなりません。残念です。  

今年は残念な事が多々ありましたが来年は良い年になる事を期待します。

無理かな・・・・?


中毒になった妻と

9月2日 忍野

妻の言うにはフライフィッシングは中毒になるようです。
出来れば南アルプスの麓か北アルプスの麓に出かけたいのですが最近膝のちょうしの良くない妻と連れ立って行くのも可哀そうです。
そんなことで今週も
忍野です。
午後3時からのコカゲロウ、6時からのクシゲ、後はヒゲナガのイブニングライズです。
暗くてフライの見えない釣りはあまり好きでないと言う妻ですがコカゲロウの釣りを楽しむほどの腕はありません。
環境の良い場所に出かけるには朝早く家を出かけなければなりません。
朝がめっぽう弱い妻が出かけるのは無理のようです。
私は私で毎週忍野では「何時ものようにそこそこ釣れました」と書くしかありません。
「どうしよう・・・!」

花の時期もとっくに過ぎ去り掲載する試写体が乏しく思うような画像も撮れません。「何かないかな・・・・!」
とりあえず釣れた魚の1枚を掲載します。

IMGP0918


毎月20日はフライフィッシャーの入荷日です。

IMGP0740


 


店長から今月号のお勧め
これから始めるフライマンに参考になるロールキャストの解説やツーハンド入門は良いアドバイスになると思います。
書物の情報を生かすも殺すも読者がどう感じるかがおおきくかかわります。
システムを取り入れても上手くいかなかったりする事が多々あります。そのような時にはもう一度考え深く理解して取り入れて下さい。きっと良い結果が出る事でしょう。


蕗の薹

蕗の薹(ふきのとう)

今朝、家の小さな畑に植えたサヤエンドウの発育を見に行きました。

蕗の薹が出ていました。早速摘んで昼食でマイタケと一緒にてんぷらで食しました。

その後もだいぶ取れたのでふき味噌にして食しました。

IMGP0627

 

収穫せずに来年の為に残した蕗の薹の写真です。

IMGP0635


フライフィッシャーへ最高の贈り物

フライフィッシャーへ最高の贈り物

 レネ・ハロップ 著 Learning from the Water がマーベリックから発売されました。

長年フライフィッシングを続けてきたフライマンにとって個々のフライ歴を思い出す事のできる著書であり、また再度自分を見直す事ができる一冊だと思います。

また、経験の浅いフライマンにとっても内容が濃くフライフィッシングの基本から有り方をも学べると思います。

フライパターンの画像も掲載しているのでオリジナルフライを巻く方々にはフライ・タイイングをするうえで更にスキルできるとおもいます。

35年間フライフィッシングらしきものを趣味としてきた兄チャーリーと私のフライ史を垣間見る事ができ、数々の記憶がよみがえり胸が熱くなりました。

 
IMGP0626
 


今年はなぜかおかしい忍野

2008年5月6日

今年になって今日で忍野通いも6日目です。
ドライフライは虫が少なくなかなか難しいです。何とか釣れるのがオナシカワゲラと夕方のヒゲナガくらいです。
メイフライのオオクマやコカゲローのハッチが少なく毎回難易でニンフフィッシングが主流になっています。
このような状況で4/29と5/6にドライフライで連れた35cmと40cm、2匹のブラウンだけがイメージ通りの釣りでした。
夕まずめのヒゲナガの釣りも釣れるのは小型の鱒ばかりで思うような釣りができません。いまだに魚は少なく放流もわずかに4月の頭にした程度のようにうかがえます。
還暦過ぎたフライフィッシャーマンにとって忍野は安全、安心でこのうえもないフィールドでしたが何故か魚が少ないです。
漁協の皆さんお力を貸して下さい。川は砂で埋もれ水生昆虫の生態系が変わりつつある忍野を復活できるのは地元の皆さん以外に有りませんのでよろしくお願いいたします。忍野村役場の観光課の皆さんもよろしくお願いいたします。