More from: 管理人

フライフィッシングを始める方に

解禁と同時にフィールドでフライ・フイッシングをする為に今から始めませんか?

スタートキットの購入
まずは選びかたです。価格は15,000円から25,000円位です。出来ればすでにフライフィッシングを長年実施していた方にアドバイスしてもらうと良いです。また信頼のおけるフライフィッシング専門店で相談するのも良い方法だと思います。高価なものが全て良いとは言えませんが残り物もあまりお勧めしません。なぜならば往々としてフライフィシングの道具は残り物には訳があります。残り物の多くは番定とロッドの硬さ(柔軟性)が一致していない事が多々あります。ロッドの柔軟性は個々のフライマンに好みがありますが初心者が極端に硬いロッドや極端に柔らかいロッドで練習するのは難しく無理があるからです。
ラインとロッドの番号は基本的に同一が良いです。ラインの重さとロッドのパワーを合わせる事でラインが遠くへ飛ばすようになっているからです。ロッドは4番ライン指定のロッドを選びましょう。各フライフィッシング・メーカーがそれぞれスタートキットを揃えています。

4番ロッドとラインのセットを購入したら練習をします。
近くに芝生の有る空き地が有ったらベストですがなければぶっつけ本番で管理釣り場へ行きましょう。芝生や公園で練習しても30分が集中できるのが限度だからです。私の経験から釣りながら練習する方が長い時間集中して出来たからです。約3時間位は練習したいですね。

練習に管理釣り場へ行ってみましょう。
まずはフライを用意します。完成フライを購入するか自分でフライを作るかどちらかを選択します。購入するには1日に約300円のフライを10本は必要です。そのフライがこれから練習する川やポンド(池)に適しているか選びます。釣れないと初心者はフライフィッシングは釣れない釣りだと思ってしまうからです。簡単に釣れると誰もが始める切掛けができ、釣れる釣りと思えるからです。フライはこれから行く場所によって釣れるフライが異なりますので経験者に選んでもらいましょう。

フライフィッシングが好きに成るためには良き指導者が必要です。
私の経験から初心者がフライフィッシングを始めるに環境が大きく左右されていると感じます。近くに専門ショップが有る初心者と無い初心者では格段の差が有りました。ショップの無い初心者の多くが途中で諦め他の釣りに戻ってしまった方を数多く知っています。フライショップに行ってどんな疑問でも聞いてみて下さい。オーナーや常連客が良い指導者になってくれると思います。良く言われる事にフライの人はフレンドリーだと言われます。そのわけはフライの人は互いにフライをあげるたり貰ったりするがルアーの人は貰ったりあげたりしないと言います。ひらたく言うとフライマンはおせっかいのようです。おせっかいを上手く利用する手を使うべきです。
私が初心者(あまり練れてない人)と管理釣り場に行くとします。必ず行く場所の当たりフライを10本は新しく巻いて行きます。それは一緒に行く人の為です。私だけが特別なわけではありませんフライマンの多くが初心者に対して同様な事をするのです。それだけフライフィッシングは初心者が一人で始める事が難しい釣りなのです。初心者がキャスティングの練習をひたすら何時間もするのは苦行です。
是非ショップの扉を開けて下さい。電話をして下さい。(ストリームサイド0465-82-3673)

渓流釣りと湖の釣り
練習に管理釣り場用として4番ロッドを選びましたがこの4番ロッドではシンキングラインを多用する湖の釣りには適しておりません。最初にフライフィッシングを楽しむ為にポンドと渓流釣り場に限定使用するシステムを選びました。前に適したロッドとラインが必要だと申し上げたようにフィールドや魚の種類、大きさによってロッドとラインを変えなければ力学的に無理な釣りなのです。ゴルフと同様です。湖では重いラインを遠くまで投げます。重いラインに適したロッドが必要になります。また渓流でも本流の大物を釣りにはその場所と対象魚によってロッドに使い分けます。比較的オールマイティーのロッドが4番ロッドです。管理釣り場でしたらポンドも渓流も使えます。

渓流釣り
日本での対象魚は主にヤマメとイワナです。ヤマメやイワナに適したロッドは3~4番です。川幅もロッドの制限をします。ごく狭く木々がかぶっている渓流では7フィート6インチを超えないロッドが使いやすくベストです。流れは同じような幅でも河原が広い渓谷は8フィート 以上の長さが合っても問題なく使え、メリットもあります。メリットに付いてはベテラン・フライマンと同行してその都度教えてもらうと良いです。

ラインコントロール
フライフィッシングでは一番に重要なのがラインコントロールです。ラインコントロールができないと釣りが成り立ちません。ラインコントロールとはフライを自然に流すようにラインをコントロールする事です
フライを自然に流す事は極めて重要なことなのです。イワナやヤマメがフライを餌だと思って咥えに来た時の自然に流れていれば咥えるのですがフライがラインに引かれ異常な流れ方をすると咥えようとした魚は逃げてしまうのです。それを解決するのがラインコントロールです。ラインをコントロールする方法いろいろ有りますがどちらにしても事前に流れを読み取りフライの流れ方を予測することが重要です。それが判断できれば特別な事をしなくても多くの魚に気づかれずにフライを流すことができます。それは釣り人が流れに向かって立つ位置を変えることです。しかし変えたい場所の水深が深すぎたり崖で阻まれたりすることがあります。その時に移動しないでフライを流す為に使用するのがトリックキャストやラインメンディングです。トリックキャストもすぐにできるようにならなくても良いです。皆さんの全てが魚を掛けてしまったら、キャッチ&リリースで魚は警戒心が強くなり釣れなくなってしまうからです。皆さんで釣果を分かち合いましょう。

楽しみ方としてのトリックキャストとメンディング
ラインコントロールをするトリックキャストには大きく分けてリーチキャスト、カーブキャスト、スラックキャストの3種類あります。メンディングはキャスト後のラインコントロールです。これらを複合して使うこともできます。フライマンの一部ではわざわざ難しい位置からトリックキャストで釣りをスポーツのように楽しむ方もいます。その前にまずは沢山魚を釣って引きの感覚を覚えましょう。

湖での釣り
湖では一般的にラインを25mくらい投げて釣りをします。ラインはウェイトホワードかシューティングティングヘッドを使います。シューティングヘッドはラインヘッド部分がロッドのトップガイドを出た時点でシュートして予め出していたランディングラインを投げ(とばし)距離を長く出すことができるシステムです。理論上バックはヘッドラインの長さプラス1.5m あれば可能です。1.5mはロッドが後ろに傾いた分です。ヘッド番定をワンサイズ上げて短くしたヘッドを使用して更にバックが厳しい場所で使用する事もできます。またランディングラインをフローティングにすることで水中に立ってラインを水に浮かべる事でラインバスケットを使用することなく投げる事ができます。その利点から私や私の釣友達はシンキングラインもランディングラインをフローティングにして使用しています。使いやすいのでお勧めします。

シンキングラインの練習
一番に良い練習場所は小田原近郊では管理釣り場の東山湖です。有料ですが桟橋を使うことでラインを傷める事なく練習が出来ます。また河原のグランドの角や広い芝生の上もよいですがラインを傷めますのでそれ用の傷のついたラインを使用すると良いです。芝生の上での練習はフローティングラインのF5-WFが良いと思います。ループを作る事からシュートまで練習できるからです。遠投だけでなく15ヤードで直径30cm位の円の中に落とす練習もすると良いです。おそらく30分ぐらいで飽きてしまうでしょう。その為に東山湖が発揮します。東山湖ではシンキングヘッドとランディングラインを結束したラインを使用してダブルホールの練習もしましょう。初心者がミスキャストして近くに落ちても魚が釣れます。上手く遠くまで投げられ更に沢山の魚の当たりが有り釣れるからです。フライの選択で当たりの多い少ないも顕著に表れ、良し悪しも判るからです。釣れれば何度も一生懸命に投げます。当たりの感覚とフッキングの関係も身に付きます。

管理釣り場一覧は下記のファイルをクリックして下さい。

%e7%b7%b4%e7%bf%92%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e7%ae%a1%e7%90%86%e9%87%a3%e3%82%8a%e5%a0%b4

 f0064359_23460702%ef%bd%b6%ef%be%9e%ef%be%9d%ef%be%8f

STREAMSIDE

足柄上郡大井町上大井226


今年初めてのツバメ

 

今日、ツバメを見ました。酒匂川の富士道橋を渡る時でした。

2羽のツバメが青空を思い切り楽しむように飛び交っていました。

何時も最初のツバメの確認は解禁後の狩野川でした。今年は1週間以上は早いです。

以前ツバメは南の国からやってきて川沿いに北上してくると本で読んだことがあります。もうすでにライズの時期が来ているのだ!と感じました。

写真は私の家から見た富士です

IMGP0030


Flyfishreが入荷いたしました。

10月21日

フライフィッシャーが入荷いたしました。 

ライターの皆さん年を重ねてますます意気盛んです。
フライフィッシングとは
こんなにも釣り人を若々しくさせる要素があるのかと再認識しました。
そう言えば忍野通いの私の妻は64歳からフライフィッシングを始めました。
暇さえあれば同行しています。

 2015.10.22フライフィッシャー

 

 

 

 

 

 


頼みの綱のフライ

一昨年、モンタナに釣行した時の事でした。 事前にハッチチャートを調べ何種類ものメイフライパターンとサイズ#16から#22までを数百本巻いて行ったのですが現地に着くと、どこの川も#24のベイテスでした。

ヘンリーズホークで2匹掛けたレインボウだけが自分で巻いた数本だけ巻いたTMC100#22BWOでした。

その他は同行者が持ってきた忍野用のフライとガイドが巻いた#24ベイテスでした。それで8日間の釣りはきつかったです。
この釣行は何十年かフライフィッシングに関わってきた私にとって新しい発見がありました。
それは大きめのフックに小さく巻くフライの効果でした。(#20のフックに前後を開けて#24サイズに巻く)
ガイドのスチュアートの言うにはフライを小さく見せ食わせる事ができ、そして大きめのフックでフッキング能力を上げると言うのでした。実際そのように感じました。
更にそのフライはナチュラルより不格好なくらいウィング(ポスト)が長いのです。
長くすることにより流下の本物中からから自分のフライを見失くしていたのです。彼はポストのボリュームが多すぎなければ問題がないと言っていました。
実際ポストの長いフライはナチュラルサイズより少しだけ大きい(#22)私のフライよりはるかに魚が出が良くフライを咥えました。
さらにフキングも良かったです。また彼は私達のフライのシャックを短く切って長いとフライが大きく見えるので出が悪いとも言いっていました。
少なくともこの時期のモンタナでは#20のフックにダビング材とわずかなシャックとポストに長めのCDCを付けた小さく#24に巻いたこのフライがベストフライでした。
早速、日本に帰って忍野で試してみました。結果は良く、何処でも魚の習性は変わらないと認識しました。

近くにいたモンタナ同行者と質素にイージーフィシイングをしていると見ていた仲間に良くそんなにでかいフライで魚が出るなと言われました。私はでかく見えるだけでサイズは#24ですよと近くにいた同行者に遠慮して答えました・・・・
67歳を過ぎた今でも新しい発見が度々有るのがフライフィッシングのようです。
本当は仕事や多くの物事も同じですがね・・・・・!


迷蝶

9月7日迷蝶

台風の風邪に乗って地元ではめったに見られない蝶がやってきます。

開けておいた事務所のドアーから大型の珍しい蝶が訪ねてきました。

ネットで調べたらアカボシゴマダラ蝶と言うようです。

神奈川県で飼っている方がおられるようですがその一部が逃げて来たのでしょうか?

それとも南の島から飛んできたのでしょうか?

どちらにしてもあまり見かけない蝶でしたので写真に撮りました。

IMGP0922-2

 

 

 

 

 

 

アカボシゴマダラ-2

 

 

 

 

 

 

そういえば夏に岩魚釣りに行くと野の花にアサギマダラが沢山群れをなしている事が有りますた。

ふだん平地ではあまり見ない蝶ですが優雅な舞に見とれてしまいました。

IMGP0387

 

 

 

アサギマダラとアキノキリンソウ

P1000655


ワイナリーレストランと完熟葡萄

 

8月19日 山梨のフランス料理と完熟葡萄園

 

我が家を9時半に出て河口湖から中央高速大月経由で勝沼で降ります。

そのレストランは勝沼ICで僅かな距離にあります。

ワイナリー・ルミエールでやっているレストランゼルコバです。

予約をしておいた時間より30分前に到着しましたがすでに何人かがワインショップで

レストランの開くのを待っていました。私達はあまりワインに詳しくないので見るだけで時間を費やしました。

食事はランチでも充分の楽しむ事ができ和食党の家内と私がフランス料理のソースを再認識させられました。

 IMGP1531-1

 

 

 

 

 

 

昼食後は知り合いの葡萄園 ツチヤナーセリー(土屋ナーセリー)へ行って来ました。

ここの葡萄は極力農薬をすくなくし更にホルモン剤を使用しない方法で育てています。

ですから種が有るのが特徴です。種があると適度な酸味と濃厚な甘みがマッチして絶妙な味わいが出ています。

ここの農園ではほとんどがリピーターへの直売です。

直売の強みは完熟で出荷できる事です。完熟にして出荷すると輸送や店頭で果実の落下が出ますので一般的には完熟前に出荷するようです。

完熟を自分で収穫した物ですから味が濃く糖度も上がり市販の葡萄では味わえない旨みがあります。

少し変わった農園主ですが葡萄新種改良で有名な先代の意志をついて美味しい葡萄作りに情熱を注いでいます。店には他店の様に箱に入れた商品は無く店主が在住であれば美味しい味の濃い葡萄を畑から取って来て試食ができます。おられない時には携帯番号が記されていますのでそれに電話するとすぐに近くの畑から戻ります。

看板には会員制とも書いて有りますが何方でも住所と電話番号を記載すれば売ってくれます。葡萄も時期に寄って異なる種類になりますので好みの葡萄の時期に来店して自分で好きなだけ収穫する事も可能です。今の時期ハニービーナス(黄緑色)・炎山(紫色)・ピオーネ(濃紫)・レディースフィンガー(小指に先の様な形の黄緑)がお勧めです。

一度行ってみる価値はあると思います。

PS :帰りに忍野へ寄ってイブニングライズやって来ました。
爆釣とはいきませんでしたがクシゲを巻いて行ったのでそこそこ釣れました。



第44回SSJ芦ノ湖FF大会

ストリームサイド 恒例の春の芦ノ湖フライフィッシング大会が開催されました。

25名のフライマンが湖尻のおおば桟橋から遠くは樹木園・対岸の黒岩砂浜まで思い思いのポイントへ散っていきました。
早朝は活性が悪く当たりが少ないようでしたが検量時間の13時頃には帰船したフライマンのボートにはそれなりの釣果をだした多くのニジマスが検量機の上にのりました。
 ビックワンを釣った橋本氏が2匹の合計で同列の鹿郷氏を抑えて優勝しました。

私も来年にむけて来週から芦ノ湖へ通いたいと思っています。

a45[1]

 

 

 

 

a46[1]

 

 

 

優勝者の橋本氏

???????????????????????????????

 

 

 

準優勝者の鹿郷氏

 


カルガモ親子と恥ずかしがった虹鱒

ゴルデンウィークが過ぎて少し釣り人の減った忍野は老夫婦が楽しむには最良の釣り場でした。
臼久保橋の上流で釣りをしていたらカルガモの親子が現れました。川の対岸の葦きわを行ったり来たりめぐるましいく親子で動き回っていました。
私達は下流の金田一橋まで探索に行って何匹かの魚と戯れて来ました。 この日は妻の集中力が切れずに7匹も釣ってしまいました。


節分草

予てから妻と約束したいた節分草を見に行って来ました。
家を6時に出発予定でしたが(30分は遅れてもしかたがない)なんと7時30分近くに家を出ました。
中央高速から長野道を経て更埴インターまで一回の休憩で千曲市の倉科地区の節分草自生地へ。
イメージしていた花よりさらに小さな可憐な花はうかつに歩くと見過ごしていましそうなかわらしい植物でした。
次に戸倉地区へ移動しましたらここは大きな群生地で一面に咲き誇った節分草を見ることができました。
地元の人に聞き蕎麦屋によりました。 江戸時代から続く地酒の製造元がやっている蕎麦屋で雰囲気がよく蕎麦も美味しかったです。
簡単に報告しましたが今年は無理かもしれませんが皆様にお勧めのコースだと思います。  
                                    


裏丹沢渓流釣り場

2週続けて裏丹沢の管理釣り場へいってきました。

コカゲロウがハッチしていた渓流は秋色真っ盛りです。

ライズの有る所では必ずと言いって良いくらいに釣れました。

同行の妻も飽きないくらいに釣れ楽しかったようです。

事前に情報を頂いたIさんに感謝いたします。

昼にはバーナーを使い冷凍鍋焼きうどんと長崎チャンポンを作り暖かい昼食をとりました。

毎日時間に追われて仕事をしている私達にはゆったり進む時間を体感しできました。

久しぶりに丹沢の紅葉を楽しむことができました。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 


アボカド

4週間ほど前に食した後のアボカドの種をプランターに2個植えてみました。

1週間前にその1個がめでたく発芽しました。

この暑さが良かったのとプランターが水道の蛇口近くでしたので毎日スコールのようにたっぷりの水を与えたのも良かったのかも?

このアボカドもう1個も種がぱっくり割れて芽が出てきそうです。

何処まで育つか楽しみです。この先冬場には温室や暖かい場所に移した方がよいのか分かりません。

どなたか詳しい人がおりましたら教えてください。

 


そろそろ開花

4月3日 狩野川、

 大見小川橋堤防沿いの桜が開花し始めました。 関東のどの河川も桜が開花しだすと川では水棲昆虫が活発に羽化します。この時期はフライマンにとって最大のチャンスです。 すでにピークを終わったシロハラやガガンボ、オナシからオオクマ、ヒラタ、フタバ、エラブタ、ナガレトビゲラ等の混合ハッチの時期です。
川面を飛び交うさまざまの虫達がヤマメやアマゴの食欲を誘発するのです。
またこの時期は天候にあまり左右されず日中がベストの時期でもあります。暖かい日差しを浴びて無心になれる一時をフライマンのだれもが感じるでしょう。中にはエキサイトだけで一日を過ごしてしまうフライマンもいるでしょうけどそれもまた楽しい試練です。

さて本日の釣果はガイドの私はたまにロッドを出す程度で2匹これも15・6cmの子ヤマメです。そしてゲストの釣友は20cm前後が3匹です。午後から雨で濁りが入り早々納竿したわりにはまぁまぁの結果と言ってよいでしょう。


 

 

私の釣ったネイティブアマゴです。


第41回SSJ芦ノ湖FF大会

4月17日、 今年も芦ノ湖SSJ芦ノ湖FF大会の季節がやってきました。 今年から優勝カップもシルバーに変わり名前もチャリー記念盃となりました。 前日になって都合のつかなかった2名を除いた総勢24名のフライマンが日ごろの腕を競いあいました。 大会規定で鱒類2匹の合計となっています。

今回の上位2名は60cmオーバーを釣り3位を大きく引き離しダントツでした。


 

 

 

大きく引き離しダントツでした。               

           

 

 

 

 


参加者の成績表です。

 

 

 

 

 


なか
でも歴代の大物は私が4Xで(吊り)上げた2mの大物です。

  


11月16日箱根周遊

生まれた時から妻と一緒になるまで住んでいた箱根ですが車の運転免許を取得してからはもっぱら箱根観光と言えばマイカーを使い、何時も車を回送する係りでケーブルカーやロープウェー、海賊船にも乗っていませんでした。 大人になって乗った記憶は酔っ払って帰った時に乗るスイッチバックの登山電車だけです。この最終電車、車掌さんが大平台からお客さんの肩をたたきながら起していくのが何時もの光景でした。 さて今回は妻と2人だけの行動で箱根美術館を主に箱根を周遊してきました。箱根美術館に入館したのは幼少の頃です。陶磁器や埴輪が展示してあった記憶がわずかに残っているだけです。 野山を駆け回っていた少年の頃、隣接の強羅公園では水の無い噴水の中でゴムボールで野球をやったり、飼われていたサルに栗玉虫の付いた小枝を与えたのを思い出します。 植え込みから旅館の庭を突き抜けて近道に使ったりしていた少年時代でしたが箱根美術館だけは管理が厳しかったのです。また子供がてらに苔庭には入ってはいけないものだと感じていたのかも知れません。 この次期に行きたい箱根の名所としてお勧めいたいのが箱根美術館です。 追伸:新緑も素晴らしいのでお勧めします。 公開日が限られていますので確認のうえお立ち寄りください。

無作法な私ですが、今回妻のアドバイスをうけ立礼席で頂いた抹茶が今までで一番おいしく感じました。 あまり甘すぎない栗きんとんが抹茶に合っていたのかも?

箱根ロープウェー (早雲山から大涌谷)

 

 

桃源台から海賊船に乗りました。 IMGP0482 桃源台西側のもみじのトンネルです。 IMGP0490

 

 

 

 

 

 

 

船から見た桃源台の西側 IMGP0505

 

 

 

樹木園

 

 

IMGP0507

 

 

小田急山のホテル 長年住んでいた故郷ですがまた、箱根に恋してしまいました。・・・・・


我が家の住人

新しい我が家の住人を紹介います。 2・3年前から我が家にはヤモリが住み着きました。 何匹かの固体が住んでいるようです。 1年前に1匹の固体が猫の遊び道具になり干からびた姿で発見されてからは常に注意深く猫から守っています。 子供の頃イモリを飼っていましたがイモリの方がグロテスクで可愛げなありませんでした。 イモリに比べてヤモリはしぐさがとても可愛いです。 昔からヤモリは家に付くと言われて縁起は良いようです。 末永く我が家の住人で居るのを願っています。


初心者だったジュンちゃんが

ジュンちゃんがフライフィッシングを教えて欲しいと尋ねて来たのは21年の6月でした。 その後、池田さんに何度かフライタイニングのレッスンを受けていましたね。 何週間か過ぎて川野先生と忍野へ行く予定がありますが良かったら一緒にいきますかと尋ねたら、ふたつ返事で参加したのが最初でした。 そして池田さんと何度か釣りに行った際に同行したのがきっかけで私と釣りをする事になりました。 教えてほしいと言われて約1年間が過ぎました彼女の成果を見て下さい。 ジュンちゃんは思うようにポイントへ投げられず何度も何度も投げ直されるのに良くついてきました。教えている私の集中力が切れてしまい、はっと我にかえり自分の未熟さを知らされました。そして集中力の切れないジュンちゃんには本当に助けられました。 ほぼ初心者だったジュンちゃんと一年間で24回、1・2時間の時も有りましたが見違えるように上達しました。 私が教えた生徒では1年間にこまで上達したのは初めてです。またそれが楽しみでもありました。 ジュンちゃんにフライフィシングの指導ができた事を誇りに思います。 今回をもってジュンちゃんのフィッシングスクール連載は終了させていただきます。 今後は釣友として同行することなりガイドのような釣りはしませんので自らの感性で釣りをする事になります。 貴女の釣りには無駄なフォルスキャストが無いのが良いです。 キャスティングの軽快さやポントとの距離感は申し分ないです。 しいて言えばフライをポイントへ落とすのを1・2回で正確に落とせるようにできるともっと良いです。 そして自信を持って魚の出る所を設定する事ができればバラシや空振りも少なくなり釣果も伸びるでしょう。 バラシの問題点はラインが出すぎているのにネットに手を掛けラインがたるむからです。 そもそもフライロッドは立て過ぎるとティップが曲がらない設計になっています。 両腕を開くようにしたランディングするのが理想です。 一年の成果動画はこれからフライフィッシングを始める方々の参考になれば幸いです。 一年の成果忍野

一年の成果渓流


7月27日南アルプスで尺イワナが釣れました

平成22年7月27日 アクセスの良いポイントは釣り人が入りやすく魚はすごくスレていました。 尺岩魚は帰りにもう一度チャレンジしたポイントで釣れました。 岩魚らしくないピシャと出る魚が多く反射的な早合わせになると釣れません。


  尺岩魚のリリース

この日の彼女は空振りとバラシが多かったのです。

釣れた瞬間を撮るのは難しいです。


第40回SSJ芦ノ湖FF大会

ストリームサイド恒例のSSJ芦ノ湖フライフィッシング大会が開催されました。 総勢22名のFFマニアが2匹の合計長で競いました。 30匹も釣ったフライマンもいましたが、数より大きな魚2匹を揃える難しさで勝負するわけですのでポイント選びも重要です。 今回で40回実施していますがおおむね本命の方々上位を占めています。まぐれで優勝する事は少ないようです。 芦ノ湖の湖尻方面、全てのポイントを知り尽くし、冷静にその日の天候を読んだ者が勝利する大会です。

imgp1242-1.jpg

初めて参加した娘もシンキングラインで35cmの虹鱒を釣りました。

imgp1204-1.jpg imgp1207-1.jpg


New charlies’ Special-2

10/20 
ニューチャリスペのテストに行ってきました。
松川でスポーニングトラウトをテストの対象にしようと思っての釣行でしたが肝心の魚がいません。 昨年はバックウォーターから湖の周回道路の橋までの間に20匹を超える40cmオーバーがいましたが残念です。 今回見つけた魚はバックウォーターの1ペアーと中間地点の1ペアーの4匹だけでした。 そんなことで急遽、釣友に電話し河津川へ移動しましたがここもチビアマゴが出てくるだけでまともなテストは出来ません。 キャスタビリティーとアキュラシー及びラインコントロールは確認できましたが肝心のファイトとランディング性は魚が釣れなければ無理な事です。 面目ありませんが他のテスターに任せる事にしました。

imgp0874-1.jpg imgp0875-1.jpg imgp0878-1.jpg

松川でコサギの面白い習性を発見しました。 浅い水溜りに立っているコサギが片足枝を震わせて小魚や小生物を追い出して捕らえるのを見たのです。 おーーーー!感動

imgp0881-1.jpg 

河津で1匹だけ釣れたアマゴです。 朱点が少ない昔から伊豆に居るネイティブアマゴです。


New charlies’ Special

亡きチャリーがデザインしたチャリスペの一部ブランクが残り少なくなって来ましたのでチャリーのザインを残して新しく作る事になりました。

チャリスペの特徴を活かし更にミドルレンジのキャスティングをカバーできれば良いのではとさまざまな意見を集約して改良中です。

先日出来上がったサンプルを持ってフィルドテスター数人が今月中には結果を報告してくれると思いますのでお待ちください。

今現在のできばえはチャリスペのカーブを活かしながらパワーをました形にはなっていますがティップの繊細さに掛けるのが自分では気になります。

チャリスペは近距離のコントロール性では他のロッドに勝るとも劣らないロッドでしたのでこれだけは譲れないのです。

どちらにしてもフィールドテスターの皆様の意見を取りまとめた後、更に改良し製品化をめざしております。

今後もご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


New charlies’ Special

亡きチャリーがデザインしたチャリスペの一部ブランクが残り少なくなって来ましたのでチャリーのザインを残して新しく作る事になりました。

チャリスペの特徴を活かし更にミドルレンジのキャスティングをカバーできれば良いのではとさまざまな意見を集約して改良中です。

先日出来上がったサンプルを持ってフィルドテスター数人が今月中には結果を報告してくれると思いますのでお待ちください。

今現在のできばえはチャリスペのカーブを活かしながらパワーをました形にはなっていますがティップの繊細さに掛けるのが自分では気になります。

チャリスペは近距離のコントロール性では他のロッドに勝るとも劣らないロッドでしたのでこれだけは譲れないのです。

どちらにしてもフィールドテスターの皆様の意見を取りまとめた後、更に改良し製品化をめざしております。

今後もご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


9/10 夕べのハッチは凄かった。

夕べは店のガラス窓に大量のカゲロウが着いていた。 サイズは#16~#26までいろいろです。 我が店ストリームサイドは酒匂川からわずか1Kmの地点である。季節ごとに多種の虫を観察できるのです。 当日忍野に行っていたK氏はライズの嵐の中で興奮の絶頂と勝手に思いこんでる私でした。 ぐっと我慢して・・・1週間後の火曜日(15)が楽しみです。

imgp0788.jpg imgp0794.jpg


第39回SSJ芦ノ湖FF大会が開催されました。

H21年4月12日(日)SSJ芦ノ湖FF大会が開催されました。 当日は天候に恵まれ、参加者総勢27名が7時出船と同時に思い思いのポイントへ散っていきました。魚影は濃く丁寧に釣れば二桁は軽く、40cm級を2匹揃えたフライマンが上位を確保いたしました。 ゴールデンウィークまでは水温も安定していて比較的簡単に釣果が出ると思います。その後は魚が水温の上昇と共に徐々に深場へ移動していきます。天候に左右され曇りや小雨の日に水温が低くベストコンディッションになります。 大会画像です。参加者で必要な方はメールでお知らせください。印刷可能な画像を送らせていただきます。

imgp0355.jpg imgp0356.jpg imgp0357.jpg imgp0358.jpg 

煙状の花粉の画像 大会風景

210412asinoko001.jpg 210412asinoko002.jpg 210412asinoko003.jpg 210412asinoko004.jpg 210412asinoko006.jpg 210412asinoko005.jpg imgp0361.jpg imgp0362.jpg imgp0363.jpg imgp0364.jpg imgp0365.jpg imgp0366.jpg imgp0367.jpg imgp0368.jpg imgp0370.jpg imgp0371.jpg imgp0372.jpg imgp0374.jpg imgp0375.jpg imgp0377.jpg imgp0379.jpg imgp0381.jpg imgp0382.jpg imgp0384.jpg imgp0385.jpg imgp0380.jpg imgp0383.jpg imgp0386.jpg imgp0388.jpg imgp0390.jpg imgp0392.jpg


解禁間近

平成21年2月27日 寒い雨が降っています。箱根や丹沢は雪が降っているでしょう。 この寒さと天気予報ですと3月3日の伊豆への釣行があやぶいです。皆さんどうしたら良いでしょう。私にとってせっかくの解禁初日なのに? 3日は箱根峠が雪で伊豆へ行けないかも?皆さん! 他に良い場所は在りませんか?教えて! フライはいっぱい巻きました。

初心者の為に春先のフライを選びました。

(春先から勢春のフライ  菜の花、桜セット span>

 シロハラコカゲロー、エラブタマダラ(ブルーウィング・オリーブ#16~20)〈ウィング マラードフランク、ボデーオリーブダブ〉 フタバコカゲロー(ブルーウィング・イエロー#18~22))〈ウィング CDCナチュラウダン、ボデー サルファーイエロー〉 オオクママダラカゲロー(ダークヘンドリックソン#11~15) オナシカワゲラ(エルクヘアーカディス〈ウイングナチュラル、ボデー ダークブラウン〉102Y#13~17) ミドリカワゲラ(エルクヘアーカディス)〈ウイングナチュラル、ボデー黄緑〉102Y#13~19) ヒラタカゲロー(ライトケヒル)〈ウィング マラードフランク〉102Y#11~15)

ヒゲナガ(エルクヘアーカディス)〈ウイングナチュラル ボデー ソラックス部ダークタン後部アダムスグレー゙〉5212#8~12)

                                                                             

マイクロカディス(CDCウィングカディス)〈ウィング CDCナチュラルダン ボデー オリーブ112Y#17~19)