More from: 未分類

5月 角館武家屋敷と遠ちゃんの墓参り

遠ちゃん(遠藤さん)

遠ちゃんとの出会いは兄が経営していたフライとルアーのショップ、ストリームサイドでした。遠ちゃんは最初あまり話をせず人見知りする人のように感じていました。私が仕事を終わってショップに行くと必ず閉店近くまで一緒にいる事が多かったと思います。約30年位前の事ですので何が切掛けだったかは良く思い出せないですが一緒に伊豆の狩野川や千曲川源流の川上村に釣行した事が切掛けだったと思います。私にとって初めての千曲川を遠ちゃんに案内してもらいました。フィッシングポイントを事細かに説明してもらった事を覚えています。伊豆や川上にはシーズン中は毎週のように同行しました。どちらの釣り場も遠ちゃんの案内や説明が良かったのですぐに同じように釣れる事になったのを機会にフィールドは広範囲にわたり芦ノ湖にも一緒に行きました。それまで遠投が苦手だった私が釣りをするのに不自由しない程度まで投げれるようになったのも遠ちゃんと芦ノ湖へ立ち込みをするようになったからです。釣行は海外へ広げてニュージーランドやアメリカにも一緒に行きました。

解禁初日の最初の日曜日、伊豆では二人でより多くのポイントを探る事を目的に、各場所15分で移動する事で毎年のようにポイントが変わるヤマメの居場探しをしました。次の週から釣り人の居る場所は避け、魚の沢山いる場所を選び自分たちの釣りをゆっくり楽しみ、フライフィッシングに没頭しました。千曲川でも同様に私達は二人の釣りを総合することで早くその日のパターンやポイントを知ることが出来き、釣果を上て来ました。私と遠ちゃんは本当に良いパートナーだったと思っています。

千曲川での25年も前の出来事でした。「遠ちゃん今日の魚、変じゃない?見に来るけど食わないで戻ってしまわない?」「そう言えばドラックがかかってないのに帰るよな?」「スパークルダンに替えると素直に食うだよ!遠ちゃんも変えて見てくれない。流し方の問題ないみたいだ?」遠ちゃん「どれどれ!」フライをスパークルダンに替えて流してみる。「お!ほんとだ。簡単に食ってくる。」二人で食いに来て戻っていたイワナに対しフライをスパークルダンに替えて何度も流しました。するとことごとくフライを素直に食ってきました。私達はコンパラダンに比べてスパークルダンは魚にとってより安心して食べる事の出来る物なのだと感じました。二人の説ですがフライが水中に有ると錯覚して安心するのだと思います。このようにコンパラダンとスパークルダンの釣果対比の違いをその場で原因解明ができたのも近くに遠ちゃんがいたからです。以前はスパークルダンのシャックがアンカーになってドラッグが掛りにいのでコンパラダンよりシャックの付いたスパークルダンの出方が良いと思っていました。ところがそれだけではない事を判明出来たのです。この事は最近になって虫の研究をしている刈田氏が同様な理論を記事に書いていたようです。

以前千曲川ではストリームサイドに来る釣り人の個々がブルーウインブ・オリーブのボデーカラーが少しずつ違っていました。3月から7月にかけて毎週のように釣行している私達は季節が進むにつれサイズの小型化とカラーが明るく変化してくる事も判りました。おそらく水棲昆虫その物の種類が変化しているのだと思いました。遠ちゃんとの釣行は二人のどちらかが結果を出すことで互いに意見を語り合い確かめることが出来るので結果を出すのが早く又それが楽しかったのです。  今年の2月に行ったニュージーランドでは今でもガイドのマーリーが遠ちゃんと私がフルナキリバーで次々と沢山の鱒を釣った事を自分の事の様に同行した小島さんに「凄かった!」と話をしていました。ニュージーランドと言えば私と2度目の釣行で夜中に遠ちゃんの喘息の発作が出てしまいヒューヒューと息を鳴らし始めました。「遠ちゃん大丈夫?朝まで我慢できる?」心配でした。朝、迎えに来たガイドに辞書で調べておいた単語で「He has asthma!」すぐにガイドは病院へ直行してくれました。治療して吸入薬をもらい遠ちゃんはロッジで休む事にして、私とガイドのルイは山上に有るダムで釣りをすることになりました。私は釣りをいていても気がきでは有りません。湖で最初にフライを食った魚は特大のレインボーでした。その魚の尾鰭は扇子の様に大きく「やった!」と思った瞬間にジャンプした魚が 着水した瞬間にラインがリールのハンドルに触れ一瞬で切れてしまいました。その後もなんだか落ち着かずガイドに一度ロッジに戻るよう示唆して遠ちゃんの様子を見に行きました。遠ちゃんはだいぶ落ちついていました。「大丈夫?」「良くなったよ!」遠ちゃんの体に負担のかからない釣り場トンガリロのボトムへ行く事にしました。ボトムではこの日ビックレインボーのバラシだけで釣れていない私をしり目に50cmのレインボーを釣り上げました。そのニュージーランドも完全フリーになったら一緒に行こうと話をしていた矢先でした。私は最大の楽しみにしていました。遠ちゃんとの事は思い出すときりが無いほど走馬灯のようによみがえって来ます。最近では遠ちゃんに体がきついなら近くで足場の良い忍野に週に1回、2回、行くもいいよと話をしていました。

以前、二人で釣りの絵を書いて見せ合ったりもしていました。この時初めて遠ちゃんが私と同様に絵が好きだった事を知りました。 何年か前には毎年のように弟さんから海産物を送って頂き一緒に岩蠣やホタテを腹いっぱい食べました。サンマやフカヒレの時もありました。サンマは遠ちゃんの勧めで一味唐辛子を付けて食べました。その後私は新鮮なサンマが手に入ると一味唐辛子を付けて食べるようになりました。 正月休みに遠ちゃんが我が家で一緒に食事をするようになって私が作った正月料理を釣り友達と一緒に食べ、釣り談義をかわした事も何度かありました。釣りに早朝出かけて行く時、塩雲丹を塗った海苔餅を持って行くと「旨いな!贅沢な餅だ」と言って缶コウヒーを飲みながら一緒にパクつきました。7月になると鮎釣りも一緒に行きました。釣った魚を私の家で焼いたり、から揚げにしたりして一緒に食べました。いくら語っても出てくる思い出はつきません。遠ちゃんは私の無二の親友でした。その遠ちゃんが今この世にいない事を受け止められません。私にはもう少し時間が必要です。

遠ちゃんのお墓は高台の本当に気持ちの良い環境の墓所にありました。
ご冥福を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 



新年明けましておめでとうございます。

%ef%bd%8829streamside%e5%b9%b4%e8%b3%80-1

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
今年も皆様にとって佳き年であるよう祈願いたします。(沢山、大きい魚が釣れますように。)

 1月3日 酒匂川散歩

今日は何日か前からさぼっていましたウォーキングにいってきました。

家から酒匂川まで行って堤防沿いの道を北に向かって足柄紫水大橋までが行き戻って来るのが私のコースです。早足で往復約1時間の道のりです。

家を出る時に風邪が冷たいからマスクを持って行くように言われて、マスクを着用して歩き始めましたが日差しが強くすぐに上着を脱ぎ、更に少し行った所でメガネが曇るので鼻からマスクをずらして歩いた。少し冷えた空気が鼻腔に刺激を与え大脳に心地よさが伝わった私は澄きった酒匂川を見ながら上流へとあるいた。 昨年の夏まで砂で埋もれていた瀬や淵ではその後適度な増水で、人の頭を超える大きさの石が底にぎっしりと並んでいたのです。今年はこのまま夏まで大増水で、砂で埋らなければ良い鮎釣りが出来そうだ。

ちょうどウォーキングコースの中間点で。枯れた草の茂みから2羽のキジが飛びたった。

堤防の外側法面から甲高い声をあげ、飛びたったペアーだった。雄の方が少し小さく蚤の夫婦の様だった。今度1羽のキジ飛びたった。中州から中州へ移動だった。この雌キジは大きく立派な体をしていた。思わず25年位前に湯西川温泉で食ったキジ肉の串焼きを思い浮かべた。初めてキジ肉が旨かったからだ。シカ肉のルイベもこの時経験した、やっぱり旨かった

しばらく歩いて行くと前目の前を東から西へとハヤブサが飛んでいった。私が目で追うと対岸の松並木の前で急に北に方向転換したハヤブサは紫水大橋に最も近い松の木の付近で突然見えなくなった。もしかして松の木に巣が有るのかも?(有ったらいいな?)

私は足柄平野で何度も何度もハヤブサを目撃していたが周りにいる入達は見る事がかなわないようだ。

目的地の足柄紫水大橋のネームプレートにタッチした私は何時もの通りUターンして帰路につくと、帰りには私と同年配の20人位の人達が先日テレビで早足歩きで痴呆は防げる事を知ったのか私同様にそろって早足で歩いていた。その中二人がカメラを持って富士山を被写体に盛んにシャッターを切っていた。

若者が自転車で風を切って私の横を通りぬけた。私の汗ばんだ頬に心地よい風邪を与え、去っていった。下刈した堤防ののり面ではツグミが盛んに何かを啄んでいました。そろそろ旅立ちの準備をしているらしい。ヨモギの枯れ枝のてっぺんで大きくシッポを振っていた百舌も春支度をしているのかな?

家の近くまで来た時、私より少しだけ年配の老婆が休耕地で何か盛んに採っていた。年齢から察した私は七草粥の野草だと思い声をかけた。 私「ナズナを採っているのですか?」婆さん「ホトケノザだよ」私「そですねナズナはそこにあるぺんぺん草の事ですよね。」 「私も子供の頃年寄りがいて七草がゆを作ってくれて食べました。」「今時は七草がゆを作る家は少なくお孫さんは幸せですね。」「そうそう七草ナズナ、トウトノトリトなんて歌を歌っていた。」婆さんも「トウトの酉と日本の酉と・・・」

さだかではない私の幼少を思い出した私も少し幸せな気持ちになった。

 



7月21日FlyFisherが入荷しました。

IMGP0073

 

 

 

 

 

7月21日FlyFisherが入荷しました。
いろいろ難しい事が書いて有るかも?

 

 

 

店長より(経験は何ものにも勝る。)

釣りが好きでしたらまずは釣りに行く事です。雨が降ろうが槍が降ろうが行く事です。
行けば何かを感じ取ることが出来ます。行かなければ発展は無いのです。
魚とたわむれ自然とたわむれて魚の行動を知るのです。
寒い日も暑い日もひたすら釣りに行く事によって魚の多くの行動パターンを知ることが判明するでしょう。
季節ごとの魚の行動や捕食形態なども判明できます。
今魚がどのような時にどのように思っているかもいずれ判ってくるでしょう。
ひたすら魚と会話をする事です。魚の好みや苦手も判明出来ると思います。
そうすれば魚の好きなフライを好きな所へ運ぶことで魚はフライを咥えてくれるでしょう。
掛った魚は魚に嫌われない様に静かに放します。また魚に遊んでもらう為です。

 

 

 

 

 

 

 





ねじ花

ネジバナ3

 

 

 

 

ねじ花

何年か前に我が家の庭の片隅に1輪(1株)芽生えたのをみつけてあまりの懐かしさに

感動してしまいました。

そのネジ花の種を庭にまき育てた写真です。

私が子供のころには何処にでもあったねじ花。

近くの河原や住宅街の無舗装の小道はネジ花の様な小さな植物にとってすみ良い環境でした。
そのねじ花が今ではヤフオクで売っている時代です。

きっと私達シニア世代が懐かしさのあまり買ってしまうのでしょう。

ねじ花はランの仲間で単独で栽培するのはむずかしいようですがなぜか私の家の入口が好きなようです。 


忍野の紅葉

忍野の紅葉11月11日、今日は家庭サービスです。昨年同様、紅葉狩りに行くことになりました。釣り人の多くはフィールドへ出かける経験から、毎年どこで紅葉が始まるか云わずずと知れたことです。

昨年は道志道沿いに山中湖を目指して標高を上げていきましたが家を出たのが遅く午後の日差しになりドライブ中は逆光でまぶしく少し残念でした。それを反省に、山中湖方面から道志道を通り宮が瀬ダム経由で帰宅予定を組みました。

昨年より週間ほど早い紅葉狩りの為山中湖付近が紅葉のピークとみて、家を10時までに出発する予定でしたが。案の定、家内の支度が遅れ、家を出るのが12時半を過ぎてしまいました。怒る気持ちを抑え何事もなかったように出発です。

 小山バイバス辺りから錦の色付が徐々に増し、富士の自衛隊学校ではミズナラの樹林がオレンジ色に重なり合い自然林の美しさを一層引き立てていました。更に富士五湖道路のトンネル上の林は、七色に染めた樹木がいつもながらの美しい林相で魅了します。忍野の出口を降り、柳原うどんの前を通り車中から「此処が腰の強い柳原うどんだ」と家内に説明し、そのまま第一目的の天祥庵(そばや)へ向かいました。途中、釣りでは毎週のように通っている忍野の紅葉の素晴らしさについ車を止めていつもの釣り場の写真を撮ってしまいました。天気が良かったらもっと、もっと良い画像をお見せ出来たと思うと少し残念です。

来年は忍ラーの釣友達とスポーニング、トラウトのウォッチィングと紅葉狩りを計画したいと思っています。

imgp0196-1.jpg  imgp0194-1.jpg   imgp0192-3.jpg

天祥庵でぶっかけ蕎麦を食した後、ビール園でビールを飲みたいところですが我慢し富士吉田の道の駅によるだけにして、山中湖の北側を通り道志道の紅葉見物に出発。道志の道の駅を見て新鮮な野菜を買い求めたところで標高が下がってみると紅葉はわずか早い状況のうえ帰路に時間がかかる事を考慮して急遽帰りのルートを変更して、山中湖へ戻り南岸を廻りで帰路につきました。 追伸:光線が暗くなりかかっていたので画像は撮りませんでしたが平野地区から138号線の交差点までの道路脇左右の真紅のもみじは素晴らしかったです。