More from: お知らせ


9月19日Fly Fisher 11月号が入荷

imgp0014


特修はタイトルになっているように
湖の釣りです。
湖の釣りでは水深の中層や表層及び底すれすれを感じ取って釣りをしますがそれがなかなか難易なことです。
まずはラインを底に引きずってみて下さい。藻や障害物を感じたら占めたものです。たいがいの魚は藻や障害物の辺りを住処としているからです。
魚の活性や捕食物によって水深を設定することによりフライを魚に見せる事ができます。それでもアタリのない時にはフライを替えたりフライを動かすスピードやアクションを替えてみるのも良いです。極端に活性の悪い時などは僅かに動かしては静止するのを繰り返してみるのも良いと思います。また中層をインジケーターを使って漂わせるのも効果的です。なにしろ水中の変化を感じるには水中にフライを長くつけておく事です。すぐに飽きてしまったらチャンスは減る一方です。湖の釣りはひたすら辛抱の釣りです。たまには神様が味方してくれ何をやっても上手くいく事があるから止やめられないのです。1日ほとんど当たりのない湖ではベテランはど空想力に優れているようです。


第46回SSJ芦ノ湖FF大会が開催されました。

恒例のSSJ芦ノ湖FF大会が4月10日(日)実施されました。
今回は芦ノ湖フィシングセンターおおばさんの大場基夫さんが今年1月に逝去致しました事をふまえて
大場基夫さんのメモリアル大会としました。

大場基夫さんは私が若し頃からの知り合いで、20代の私達にも気軽に声を掛けていただいたのを覚えています。また芦ノ湖で初めて釣りをしたと思われる家族連れが桟橋に戻って来ると気軽に声をかけまったく釣れなかったりすると、自らエンジン船で曳航してポンとへ連れて行っているのを何度も見たことがあります。
そんな優しい基夫さんは店の事業員はもとより私達釣り人からもパパさんと親しまれていました。

また今回の参加者の中にも学生時代に夏休み泊りでアルバイトした者も何人かいます。

そんなパパさんを偲んで出船前に皆ではやる心を抑えて少し短めの30秒間の黙祷をして全員出船しました。

結果は10時近くまで例年通り当たりが少くなかったのですがその後は頻繁に当たりが有りましたが小型が多くバレも多発して最大の大型を早めに釣り上げて2連覇かと思われた宮下氏がバレを多発し2匹目が釣れず敗退した彼をを退けて、尾形氏が初めての優勝に輝きました。2位と3位は常連の広石氏と江澤氏でした。

IMGP1405-2

 

 

 

 シルバーシートの面々  
  
 

IMGP1411-2

 

 

 

集合写真

 

結果表第46回SSJ芦ノ湖FF大会結果

 


第46回SSJ芦ノ湖フライフィッシング大会

第46回SSJ芦ノ湖フライフィッシング大会のお知らせ

 

ライズの候、皆様ますますご爆釣のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて恒例のSSJ芦ノ湖FF会を下記のように開催致しますのでご案内をさせていただきます。
ご多忙のところ、まことに恐縮に存じますが、多数の方々にご参加いただけます様お願い申し上げます。

                  日時:平成28年4月10日(日)

    AM 6:30受付 AM 7:00出船

    検量 PM 1:30~1:45

    その後結果発表(商品多数)

     *小雨決行です。

 場所:芦ノ湖フィッシングセンターおおば

    〒250-0522 神奈川県 足柄下郡 箱根町 湖尻 162-18
    TEL:0460-84-8984

 費用:ローボート1隻 ¥3500 参加費 ¥1000(金、銀、銅メタル代、景品)
 合計¥4500になります。

 参加資格:SSJ会員もしくは会員の推薦者

 入漁証は個人でお求め下さいますようお願い致します。

 詳細はストリームサイドまでご連絡下さい。 

 参加希望者は4/5までに下記までお知らせ頂ければ幸いです。

 ストリームサイド
 神奈川県足柄上郡大井町上大井226
 TEL:0465-82-3673
 FAX:0465-82-3623

IMGP1069-2

 

 

 

昨年の優勝者が釣った魚です。


臨時休業のお知らせ

ojigi_boy[1]

平素は当店をご利用頂きまして厚く御礼申し上げます。
誠におそれいりますが2月25日~3月1日まで都合によりお休みをさせて頂きます。付きましてはお急ぎの方は2月24日までにご来店頂くかお電話でご相談頂ければ幸いです。  店主




7月20日 Flyfisher

H27年7月20日 フライフィッシャーが入荷しました。

 今月号のお勧め 東 知憲氏のキャステイング指導。

 指導者として実績のある東氏が記載している情報です。

この記事はシリーズとして連載していただけると私達フライフィッシングに関わる者として誠に助かります。

せいぜいティップの動きとラインの移動を説明する程度で個々の釣り人の欠点や修正点的確に伝える事が難しい私にとってありがたい情報です。

きっと皆様にとっても役に立つと思います。

IMGP1638


フライフィッシャーが入荷しました。

6月21日 Flyfiher  が入荷しました。

今月号はテント泊でのフライフィッシングが特集です。

実は日本の山のほとんどがテント泊禁止になっています。

登山者でも同様です。

釣行の際には必ずテント場を調べてから行きましょう。 よく直火(地面に直接薪で火をたく)の痕跡を見ますがけしてやってはいけませんよ。

すぐ近くに(1・2時間程度)テント場があるのにテントを張るのはもってのほかです!

マナーを守らない人がいるから駐車スペースに石を置かれたり、釣り禁止の看板が立てられたりして釣り場が狭くなってきているのです。

山火事でも起こしたら最悪ですよ。

山火事の多くが焚火とたばこの火なのです。

けしてやたらな所でテント張らないようにしましょう。

山で泊まれるのはマタギと林業の人達だけです。それもやむなく(やむをえず)です。

IMGP1218


遅くなりましたがFlyfisherが入荷いています。

遅くなってすみません20日にフライフィッシャーが入荷しています。内容は購入してみて下さい。

 画像に写っている魚の文鎮は二十数年前に酒匂川の河原で拾った石の中から3個を選んで貼り付けた物です。
それに白とピンクのアクリル水性絵の具で色付しました。

この他に何点か有ったのですが今残っているのはこの一点だけです。

 当時シーズンオフになると河原で釣友とキャスティング練習をしても15分で飽きてしまった私の楽しみの一つでした。

 クラヨンを持ってお子さんと連れ立って河原を散歩してみて下さい。動物顔や魚の形になりそうな石がいっぱい有ります。それを何個かくっつけても面白いですよ!
見つけたら取りあえずクレヨンで書いたり塗ったりしてみるとイメージが更にわきます。クレヨンは後で落としてアクリル絵の具で書き直します。完成したら全体をラカークリアーでコウティングすると良いです。

形や色のかわった自然石を見つけて家に持ってきて作業するともっといろいろなものができると思います。

IMGP1193

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1194



第45回SSJ芦ノ湖FF大会

フライマンの方々お元気ですか。
年に1度フライロッドを持つ、あゆ釣り師になってしまった方もお元気ですか。

2月には岐阜や千曲川が解禁になりました。続いて3月1日には多くの渓流が解禁になりました。
3月15日には還暦過ぎのフライマンにやさしい釣り場、忍野が解禁しました。

 さてストリームサイド恒例の芦ノ湖フライフィフィッシング大会を今年も開催いたします。皆様こぞって参加下さいますようお願いいたします。

内容は下記のファイルを開いてください。

第45回SSJ案内 (1)



お勧めの新著書

IMGP1027

 

 

 

 

 

 

 

最近、レネハロップ著のLearning from the Waterに感銘を受けたばかりでしたが再び皆様にお勧めの本が見つかりました。

The way of a trout with a fly
フライに対する鱒の行動      税込¥4,200円

かなり昔の著書ですが実践的な考えや研ぎ澄まされた感性を受取できると思います。
著者はG.E.M.SKUES ですがフライマンである川野信之氏の翻訳です。
部数が少ないですがストリームサイドに有ります。

 


Fly Fishre 4月号が入荷しました。

DSCF7628

 

 

 

 

 

 

 

長良川解禁レポート

ニンフィングの基礎
まだまだ水温の低い解禁当初は野生の渓流魚の適温にはほど遠く。
本格的に大型の天然魚がライズを始めるのは3月半ばを過ぎたころからだと思われます。
それまでは深みのポイントでは圧倒的にニンフフィッシングが有利です。
その為のテクニックやフライの使い方を記載されています。
参考にしてさらに自分の釣りを確立して行けると良いと思います。
行動を起こす事でどこかできっと感じる事があります。

2月23日から3月1日まで店長の都合でお休みいたします。

 


Fly Fisher が入荷しました。

1月21日Fly Fisher -3が入荷しました。 キャスティング技術のメカニズムについて今までになく細やかに解説してあります。 初心者はもとよりベテランの方も自分のキャスティングを見直すきっかけになると思います。 タイトル通り今からでも遅くありませんIMGP0968             IMGP0970


2015年あけましておめでとうございます。

年賀状 - 1

 

 

 

 

皆様、新年あけましておめでとうございます。
年中はお世話になりました。

常連の釣り仲間にお知らせいたします。
毎年恒例の新年会を1月4日の午後2時から開催いたします。
都合をつけてぜひ参加していただくようお願いいたします。

新規に参加希望の方は下記の電話番号でお知らせください。
携帯190-3689-1673



Flyfisher が入荷しました。

ここの所更新がおろそかになっていますが釣りに行っていなかった訳ではありません。
管理釣り場への釣行で何時も妻の画像を載せるだけになってしまうので控えていました。
裏丹沢、鹿留、そして早戸と毎週のように釣行していました。
裏丹沢では#28のミッジでたのしみました。
鹿留では川の魚が入れ替わったのでドライフライに反応してくれないのでポンドでミッジフィシングでした。
そして恒例の紅葉とハッチマッチの釣りの早戸川では多くの
釣り人がニンフフィッシングで釣りをしている中、私達は#16~18のメイフライでハッチマッチの釣りを堪能しました。
本当は堪能とは言えないのかもしれません#16~18のメイフライが毎年このころになると10時ころから16時ころまでハッチをするのです。
1箇所で20匹以上も釣れる場所もあり100可能の状態では飽きてしまいます。
それでも初心者にフライの選択が重要だと感じさせるにはこの時期の早戸は良い釣り場です。
一度、チャレンジしてみて下さい。フライパターンはライトオリーブボデーのスパークルダンかコンパラダンが良いと思います。

遅れてしまいましたがフライフィッシャーが入荷いたしました。
内容はこれから確認いたします。

P1010709

 


Fly Fiher が入荷しました。

フライフィッシャーが入荷しました。

IMGP0943

 

 

 

 

 

 

IMGP0944

 

 

 

サブタイトルは [今年、あいつが釣れなかった理由] です。

*今年、釣れなかった私にもあてはまるタイトルです。

釣れた人も釣れなかった人も参考になると思われます。

まだ読んでいない私の感想です。・・・・・・・・・?







第44回SSJ芦ノ湖FF大会のお知らせ

関係者各位

44回SSJ芦ノ湖FF大会のお知らせ

ライズの候、皆様ますますご爆釣のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて恒例のSSJ芦ノ湖FF会を下記のように開催致しますのでご案内をさせていただきます。ご多忙のところ、まことに恐縮に存じますが、多数の方々にご参加いただけます様お願い申し上げます。

               記

    日時:平成26413日(日)

    AM 630受付 AM 700出船

    検量 PM 130145

    その後結果発表(商品多数)

    *小雨決行です。

      場所:芦ノ湖フィッシングセンターおおば

    〒250-0522 神奈川県 足柄下郡 箱根町 湖尻 162-18

     TEL0460848984

    費用:1名(ローボート1隻 ¥3500 参加費 ¥1000 メタル代、

       景品)合計 ¥4500になります。

     入漁証は個人でお求め下さいますようお願い致します。

   詳細はストリームサイドまでご連絡下さい。 

   参加希望者は4/8までに下記までお知らせ下されば幸いです。

     ストリームサイド
           神奈川県足柄上郡大井町上大井226
TEL0465823673 FAX0465823623