10月12・13日乗鞍・上高地散歩

10月12・13日

 

還暦過ぎて来年春には3年が経ちます。 長年連れ添って来た家内と残りの人生を有意義に使う事になりました。 まずは2人で紅葉狩りに行く事になりました。 40代の頃に山登りにはまっていた私が選んだのは当たり外れの無い上高地周辺です。 1泊2日の旅です。1日目の宿泊先予定である平湯温泉から路線バスで乗鞍を目指してナナカマドの紅葉を見ることにしました。 猛暑の為か何時もの年より彩さが幾分と言うよりかなりかけていました。 山頂から少し下った付近から位ヶ原(くらいがはら)辺りを覗いても不満がつのります。 たまたま通りかかったタクシーを止め位ヶ原まで行ってもらいました。 おかげさまで労さずにまあまあ綺麗な紅葉を見る事ができました。

    選んだホテルは以前利用した事のあるガーデンホテル焼岳です。 このホテルの風呂場は男性女性各風呂場から湯衣を着て大露天風呂で合流できるようになっています。 また別にある源泉近くの露天風呂は誰でも入れる(一般の方も)ようになっていますが生まれたままの姿で入る風呂です。 さて、2日目は宿を出て新穂高ロープウェーの中間駅(鍋平高原駅)から西穂高展望台へ、ここで約1時間を過ごし上高地へ向かいました。 時間と体力のある方は西穂高山荘の先の尾根まで行かれると穂高連峰と北アルプスの表銀座が連なるいっそう雄大な景色を見る事ができます。

          画像は北アルプス笠ヶ岳から鷲羽岳方面の山々です。
     午後は 沢渡からバスに乗って河童橋へ。 2年前の夏に来ている上高地ですが紅葉も良いです。  

   異なった樹木の仲のよさに感化されそうです。

  若い家族のほのぼのした後姿につい30数年前を思い出しました。

釣り人の性でつい魚を動画で撮ってしまいました。
上はブラウンで下が捕らえたカワゲラを流して撮った岩魚のライズです。
両方とも岳沢の2本ある流れ込みで撮りました


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)