東北(秋田釣行7月5・6日)

年に1度の東北です。 逸る気持ちを抑えて東北道を突っ走る。とはいっても還暦過ぎと還暦近い3人と釣りきち娘では安全運転しかできません。 1日目 現地へ付き早々に支度うをして入川します。 おっライズ発見。 このポイントに入った3人の中から釣りきち娘がチャレンジします。
<    
すぐさま待望の1匹目をつり、K氏に先行を示唆してそのままつり上がればよいのに欲深く下流に見える大プールを目指し歩き始めました。 ドキッ・・・! 下のプールとの間の瀬で半分水に浸かっている何か動く物を発見。 思わず後ずさりした。 距離は充分あり相手はまだ気付いていません。 落ち着いているつもりが動画で撮ったカメラにはスイッチが入ってなく移っていませんでした。 釣りきち娘の静止画です。   
その後大きな声を出して話をしていると気が付いてこちらを見たのちにゆっくりと林の中へ入っていきました。 150kgは有ると思われる熊の居た下流部へ行くのは取りやめにしてK氏の後を追いました。 目残ししていそうな場所を釣りながらK氏に追いつくように早めに釣りあがりましたが、今回で2度目の川でしたので距離感がつかめず約束の場所に上手く行けなく上流部の良いポイントを釣る事ができませんでした。              

 


K氏に追いついて思わずK氏の体重を聞いてしまいました。
「110kg」だそうです。やっぱし150kgは優に超えているな。いままでにこんなにデカイ月の輪は見た事がなかったです。 昼食後はこの川へ流れ込んでいる沢へ入川しました。 今年は昨年より水が少なく魚も少なくサイズもふたまわり小型でした。 ニ日目は午前中のみのつりです。 昨年、沢山釣れた沢へ期待して入りました。 残念な事にこの川も昨年の1/3程度しか魚の姿は見ませんでした。 サイズも8寸が主体だったのが7寸が主でした。

 
二日目は同行のK氏が足を負傷して安全でアクセスの良い場所で釣っていましたので写真が有りません。 K氏の釣果は小型ながらだいぶ釣れたようです


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)