4/6 水位の高いのを承知で

先日から何日も雨です。増水を覚悟で! とわ言っても前日から何度も〃国土交通省発表の狩野川大仁地区の水位を見てしまいました。 この水位の見方、平水を0としてないのが問題で平水時の水位を自分で記録しておく必要があるようです。 さて現地は約平水時より15cm前後増水ぎみです。 早々に支度をしようとしたら大きな問題が発生・・・・・! 連れの娘がウェーダーを忘れてきました。 戻って釣り場を忍野へ変更しょうか?・・・・ その前にまずは私の予備ウェーダー(ウエストハイ)をはいて見ることにしました。 ネオプレーン部のかかとが余るが履ける事が判明。 ウエストハイがチェストハイになっていますが取り合えず釣りができるので一安心です。 教訓、必ず予備を持って行く事。 予備と言えばドボンセット(転んでぬれた時の着替え)を何時もかかざず持ち歩いているのですがこれが誠に役に立つのです。転んで濡れた時は勿論の事、帰りに温泉に入ってきた時には欠かせません。しかも私のドボンセットに過去2度も世話になった釣り仲間もいます。 そんなこんなで釣りをする事にしました。 何時もの場所に先行者が入川しています。少し待っていると川から上がってきました。腰からぶらさげたポリ袋にはしっかりお持ち帰りの1匹が入っています。何処から何処までやったのか聞くとすでに目の前のポイントをほとんどを探ったようです。しかも私達が見ていたかぎり腰まで入って歩き回っていました。まぁ仕方がないや、2・3時間をあけて入るしかないと思っていると、その釣り人すかざずさらに上流へ車を走りすごいスピードで移動して行きました。支度が終わったら上流に入ろうと思っていた私達はあっけにとられてしまいそのまま彼の荒らした場所へ入るしかありませんでした。 その影響なのか先週は何匹ものアマゴが顔を出したのになかなか出ません。 写真はだいぶ時間が過ぎてわずかなチャンスを活かした娘が釣った魚です。

imgp0052-1.jpg 

満開の桜と腰まで入って釣りをしていたお持ち帰りの釣り人。

imgp0054-1.JPG

桜の幹に付いていたストーンフライ。

imgp0056-1.jpg

メンディングの瞬間です。かなり堂に入ってきました。 ウェーだの大きいのがちょっと・・・・

imgp0060-1.jpg imgp0062-1.jpg

今回はわずかなチャンスを活かしました。

imgp0064-1.jpg

魚は釣れたし食後にお菓子を食べ至福の一時です。 「しあわせよ~  しあわせよ~ 」


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)