サイトフィッシング

2008/5/13 忍野サイトフィッシイングー!

いつものようにオシノの主K氏と現地で待ち合わせ。ちょっとその前に柳原うどんで大盛り肉玉うどんを食べました。久しぶりに食った大盛りの多さにはやはり後悔してしまった。
茂平橋の下流に
入川。今日は凄く寒い、しかし小カゲロウがハッチしていてライズも有り・・・早速に合わせ切れとバラシの4連続でした。残念・・・ その後は前回、前々回と綺麗なブラウンが釣れたのにカメラを忘れてしまい画像が無くブログの更新を見合わせてしまいましたので、良いコンデッションの魚をサイトフィッシングーと言うことで型の良い魚を捜しながら下流へ移動してきました。
途中、居合わせた釣り人と忍野のハッチの難しさなどを立ち話しS字に来た所でK氏と合流しました。 小カゲロウがハッチしているので魚が水中で盛んにニンフを食っている様子を見ながら、竿も出さずに大きい魚だけを捜しながら下流へと移動。
自衛隊橋下流まで来たところで、居ましたいました。・・ 2匹居ました。流れの無い藻の切れ目でクルージングしています。
K 氏にバトンタッチしてトライしてもらうことになりました。最初はドライフライでチャレンジしましたがまったく反応なし、K氏はドライフライの下20cmに#20のニンフを付け2投目魚が寄ってきたフライの周りを2・3周回って、だめかと思っていた瞬間おきな口を開けパクリと食ったのが写真の魚です。大きさは申し分ないのですがあまりにもあわれな姿でした、誰だーーーこんな魚を逃がしたのは、可哀想にいずれやせ細って死んでしまうではないか!その後は目だって大きな魚は見つけることが出来ませんでした。

 imgp7437.JPG  imgp7441.JPG  imgp7450.JPG

いや先々週釣ったブラウンがライズしていましたがどうやら彼は頭が良く学習して私達2人のフライでは見向きもしませんでした。「何週間したらもう一度この手で抱きしめてあげるからね!」その場を去った。

可哀想な45cm。将来大ききなったら抱きしめてあげたいブラウンと本日終了間際に釣れた虹鱒 お魚公園の脇を歩いていたらミズナラの若木のようなのに付いている不思議な花か実を発見。コンパクトカメラのピントが合っていませんがどなたか詳しい情報を知っていたら教えてください。

 imgp7442.JPG


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)