裏丹沢10月13日

近県の渓流釣りは静岡県の一部を除いて禁漁になってしまいました。 それも今月いっぱいで終了です。 各釣り人の皆さん、シーズンオフの過ごし方をどのようにしておられますか? 私は管理釣り場と紅葉狩りを合わせた釣行を10月末から12月初めにかけて何回か行きます。 気持ち良い秋のやさしい日差しの中、携帯バーナー等を持ちこみ、昼に暖かい物を食するのも良い物です。 また、この次期には管理釣り場の鱒たちも盛んにドライフライにアタックしてきますので初心者との釣行も多いです。 水棲昆虫は小さめのストーンフライやメイフライが主流になります。 ハッチが在ったりすると飽きるほどドライフライで釣れるのもこの次期です。釣りを初めて間が無いフライマンにお勧めいたします。 まずは沢山つって魚の感覚を覚えて下さい。 沢山釣る事に飽きたら、沢山いる魚の中から釣る魚を決めて釣るとストーリー性ができて更に楽しい釣りになること間違いなしです。 早速、10/13日に裏丹沢へ行ってきました。 今年は岩魚が少なくほとんど目にしなかったです。またヤマメもペアリングが早いのか若い色付いていない魚がすくなくてドライフライに反応が悪くあまり釣れませんでした。 こんな状況でも自然渓流区間での虹鱒のサイトフィッシングは極めてエキサイトな釣りです。 管理釣り場ではプール沢山居る魚を釣るのも良いですが、釣る固体を決めドライフライでエキサイトな釣りを楽しむ事をお勧めいたします。

21010uratan001-1.jpg imgp0820-1.jpg imgp0823-1.jpg imgp0827-1.jpg imgp0832-1.jpg imgp0833-1.jpg imgp0836-1.jpg imgp0839-1.jpg imgp0841-1.jpg imgp0843-1.jpg pa130007-3.jpg

爆釣娘の芸術写真です。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)