今年最後の忍野

忍野の最終日 9/29いつもの面子で最終日を過ごすことになりました。 私と I 氏は少し早めに行き午前中下見をしましたが状況はあまり良くありません。 それでもここのところ仲間内で竿を出していなかった場所はお魚が素直で沈めて釣れば綺麗なレインボーがたて続けに数匹、何箇所か移動して魚の反応を見ましたが下流、上流とも虫がハッチしていない為なのかドライフライの反応は良くありませんでした。 1時半に昼食タイムをとり柳原うどんへ行きここでも今年最後の肉玉うどんを食い、忙しい昼時には買えない生めんをお土産ように買い求め駐車場へもどることにしました。 午後から参加のJちゃんに駐車場から I 氏が電話をするともうすぐ到着するとのことで持つ事にし合流してJちゃんと I 氏で下流へ行き少しずつ釣り下がります。 魚の反応は悪いですがJちゃんのキャスティングが上達したのでスムーズに移動できます。 ガイドの私にとってはずいぶんの楽になりました。 何匹かの魚を釣り下流へ。途中小型ながら綺麗なブラウンをも釣り記念撮影をし、引き続き下流へ散策が続きます。 そろそろハッチが始まるので3時に来る予定の K 氏と連絡をとり S 字で待ち合わせしることになりました。S字ではすでに何人かの釣り人が居ました。 彼らはおそらく釣れないで早く帰るでしょう。 予測した通りだれも居なくなったS字で、各々自分の釣り場を確保しシステムを変え準備をします。 準備が終了するころから少しづつハッチが始まりJちゃんが最初の1匹を釣り皆が一斉に川へ向かってキャストしはじめました。 Jちゃんの流すフライを見ているとフライの鼻面まで寄ってきた岩魚が寸前で何度か帰っていきます。 そのうちに自分の支度も出来上がりJちゃんがトラブルを直している間に軽く落としたフライにその岩魚が食ってしまい思わず合わして釣れちゃいました。 「Jちゃん済みません。」 皆が苦戦していましたがその後フライを変更した J ちゃんだけが釣りまくっていました。 還暦組みは皆暗くなるのが苦手で3人で早々にJちゃんを見てるだけになりました。 その後Jちゃんのヒゲナガが葦の茎に刺さって回収できなくなり、物足りなそうなJちゃんをしり目に今年の忍野の納竿となりました。 日増しに腕をあげてるJちゃんの今後が楽しみです。

imgp0808.jpg

カットスロートの血が混じっているのかなぜかエラブタの下にオレンジ色の線

imgp0810.jpg imgp0811.jpg imgp0815.jpg

嫁入り前の娘の写真は控えさせていただきました。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)