6月23日 雨上がりの釣行

予てからの釣行の予定で休暇まで取ってしまったK氏と何時も一緒のI氏と期待をこめて行きました。 やはり昨日の雨は強かったようです。 川はカフェオレ状態です。 時間の経過が濁りを解消してくれるのを期待して上流へ足を延ばします。 ダム湖を過ぎると水位は10cm程増水してはいますが水は澄んでいました。 連絡の為携帯の状況を確認するとSoft Bankを保持しているK氏の携帯は圏外でしたのでI氏とK氏が一緒に釣り上がり、私は間隔を開け上流へ入川する事にしました。 川へ入り支度をしていると直ぐにI氏から8寸岩魚が釣れた連絡があり期待充分です。 最初のポイントで直ぐにフライに反応しましたがピシャと余りにも早くずいぶんスレたイワンだとビックリ状態です。次に出てきた魚も同様でした。 3度目の正直と云って良いのか3匹目に出てきた魚も早かったのですが上手くフッキングしてネットですくい写真を撮ろうとしたところカメラを車に忘れてきた事に気付き、がっかりです。釣れた魚は真っ黒な穴から出てきた8寸弱の岩魚でした。 気を取り直し次のポイントへと移動して行くが枝が被っていてロールキャストしか出来ず、あっちこちにフライを引っ掛けストレスが溜まるばかりです。たまに出てくるのはピシャばかりです。やっと釣れたのは15cmのアマゴでした。 枝がかぶり、釣りをしている時間よりもチペットを付け替える時間の方が長い気がしていました。 すると下流の2人から予定の場所まで着いてしまたと連絡が入り早々に戻りました。 下流の話は直ぐに釣れて今日は調子が良いと思ったのだが・・・・・・だめ!・・・ 釣果はI氏が最初の岩魚1匹とアマゴ1匹だけでK氏はバラシが2匹だけ、散々な結果との事です。 私も釣果は同様でしたが魚の気配は感じていました。 3人で気を取り直し、場所を下流に移動して釣る事にしました。 下流は岩魚はまったく出なくアマゴばかり4匹の釣果でした。K氏とI氏はまるっきりフライに出なかったようです。

imgp0566-1.jpg imgp0565-1.jpg imgp0568-1.jpg aiki-kinpu003-1.jpg imgp0571-1.jpg aiki-kinpu002-1.jpg

午後から峠越えで移動です。 やはり本流は泥にごりですので上流の支流での釣りになりました。 私は何時も来ている釣り場なので午前中ボウズになりそうだったK氏をガイドすることになりました。

imgp0572-1.jpg imgp0573-1.jpg imgp0575-1.jpg

ボウズを免れた岩魚とストマックの結果です。

aiki-kinnpu006-1.jpg aiki-kinnpu004-1.jpg imgp0577-1.jpg

ガイドの荷が下りほってして一緒に釣りを始めた私です。 これより午後2Rでの釣り場での釣果です。

imgp0582-1.jpg imgp0583-1.jpg  K氏が何年かぶりに釣った尺上岩魚です。 imgp0584-1.jpg ついでに尺上岩名の胃の内容物(画像は2匹ですが毛虫でいっぱいでした。)

imgp0589-1.jpg

当日、終了間際にクロマダラのスピナーで釣れた魚です。 クロマダラスピナーが飛んでいましたがそれを食っていたか、お魚しか分かりません。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)