人が釣れるフライ、魚が釣れるフライ(全文)

魚が釣れるフライ、人が釣れるフライ

 フライフィッシングを趣味としている者なら誰もが釣れるフライを自分の手で巻こうとするだろう。
過去の釣行で得た多く経験に想像と思考を重ね作成するのだと思います。今回私がフライを巻くにあたって気にかけていることを記しました。

ハッチに合わせて

釣り場で盛んにライズがあるのに持ち合わせのありとあらゆるフライに取り換えても一向に魚に見向きもされなかった経験があるでしょうか?
こんな時流下物を捕え確認すれば何らかの答えは出るのですが、最初の1匹目が釣れないのでストマックポンプも使えず手も足もでない事があります。
また熱くなっている釣り人はライズに気をとられやっと釣れた魚をすぐさまリリースしてしまい釣りに没頭してしまいます。ライズが終了して冷静になった時点で気づいても後の祭りです。
仕方なしに家に帰って魚のライズホームや水中での動向を思い浮かべてフライを巻くがうまく行かないのが常であります。

ナチュラルドリフト

捕食物が水棲昆虫または陸生昆虫であれ捕食物に合わせればライズしている魚の多くがベシックな(最近はクラシカルと言うそうです)立巻フライで釣れると思います。それにはカラーとサイズを合わせ更にナチュラルドリフトが必要最小限の条件です。しかし魚が偏食したり、すれていたりするとそうは簡単にはいかないのがフライフィッシングです。

フライを自然に流す事はフライフィッシングの基本と言っても過言ではないでしょう。しかし釣り人が自然に流しているつもりであっても魚に取って自然に感じるとは限らないことが有ります。たとえばスイングやスイミングしている虫を追っている魚に取って流れに乗って自然に流れる事は自然でないのです。
魚は人間や他の動物同様に興奮するのです。水棲昆虫がスイングやスイミングしていると静止フライが流れても魚は食ってくれないのです。興奮した魚にとってはドラックがかかった方が自然に感じる事が有るのです。
カディスフライの釣り方でスケーティング・カディスあるように、代表的な方法がヒゲナガです。モンカゲロウや大型のカゲロウも静止しているフライには反応が鈍い時には意図的に動かします。風で動くだけで食うことが多々あります。私はスパークル・ダンをあえて水中に水没させて浮いた時に食わせたりもします。これらは魚に取って不自然な動きとは感じてないのだと思います。流下物は流速以外に風も大きく影響されます。また風が無くともメイフライの大きなウイングはヨットの帆のように空気抵抗の影響があり流速より早く流れたり遅く流れたりします。

流速より遅く流れるとフライに出る魚がいます。特にイワナはふだんから流速の遅い所を好みます。それは泳ぎが得意ではないからです。体型からしてもドジョウのような形をしているイワナは流の早い所では必ずと言って良いほど石の前に陣取っています。
流れの遅い底の方にいるイワナが水面に浮いてきて餌を摂るにはそれなりの準備が必要になります。そのために長い距離フライを流すか流速よりゆっくり流すことが必要になります。
私はイワナは5秒ヤマメは3秒と言っていますが擦れた魚は更に長くしてイワナは10秒ヤマメは5秒としています。
ナチュラルドリフトと少しずれた話になってしまいましたが経験でニジマスは流下物より遅く流れる事を嫌うように思います。ドライフライでは廻りの流下物(本物の虫)と同じように流れるのがベストのように感じています。ですからニジマスには無理なカーブキャストやトリックキャストで流れている虫より遅くなるようでしたらアップストリームで短い距離を流すのが良いと思います。それでも最小限のトリックキャストの技術は必要ですが?

偏食とフライの種類

フライフィッシングを始めた頃にはライズが有るのにまったくフライに出なかった事が多々ありました。
フライフィッシングの対象魚(鱒の仲間)にもっとも食われている物が水棲昆虫や夏場の陸棲昆虫です。
捕食物の水生昆虫や陸生昆虫が判明すれば偏食の多くが目視やライズホームで判明できます。さらにあきらかに流下物が一種類の水生昆虫であればライズホームの変化によって偏食昆虫のステージの変化(生体の変化状況)もおおむね判断できるでしょう。

まずは流下物が何であるか水面や立ちこんでいる方は自分のまわりを見て確かめます。
カゲロウのダン(亜成虫)でしたらライズポイントでじっと流れてくる虫を観察してする事です。食われているのを目視で確認できるでしょう。
カゲロウのライズは始まりと終わりはダンパターンで釣れると言われています。前後は流下物が少ないため魚にとって選択肢が少ないと思われます。そしてライズのピークが始まると大量の流下物の中に存在するステージも複雑になります。さらに複数種類の虫が流下物であったりすると、どの虫のどのステージを食っているかを想定するには多くの経験が必要になります。
さらに多くのフライパターンを手元に持ち合わせ、その中から選択する必要があります。

ライズホームで選択するフライ

流下物があきらかにカゲロウの仲間でしたらライズホームの変化で虫のステージ変化も予測することができます。
それには水棲昆虫の生態を少なからず知らなければなりません。たとえばマダラカゲロウの仲間では水中にいたニンフが成熟して体に気泡をまとい水面近くまで浮き上がってニンフの背中が割れ羽化します。中には水面に達する前に背中がわれ水面近くで半分ニンフから出かかった個体もいます。
出かかった個体を総称イマージャーと呼びますがフライパターンのステージとしてはかなり広範囲になります。この間のフライパターンをステージの順から上げるとフローティングニンフ(水面でほぼニンフの状態、クリップルダン(下半身ニンフで上半身亜成虫の状態)スティルボーン(抜け殻を付けたユスリカに使われる名称)スパークル・ダン(ほぼ羽化に成功したダンの尻にぬけがらの付いた状態のフライ)クリップルダン(羽化に失敗して下半身がニンフ状態のダン)簡単に分けましたが個々の釣り人のイメージで更に細かく分ける事もできます。ここに分けた名称は過去に考案した釣り人の実績が蓄積したフライです。またこれらのフライが誕生したのはこれらのフライの実績が証明されたから存在しているのです。私も上記に上げた全てのフライを巻き使用しています。しかも自分ではステージも分けて釣りをしているつもりです。
ライズを見分けるには大きい虫や高く浮いている虫のライズは大きくなります。すなわちダン(亜成虫)は口を大きく開けてすいこむので大きくはっきりしたライズです。動き回るカディス等はさらに大きく派手なライズになります。大きくても水面にぴったり着いて流れる虫はライズが小さく静かです。さらに水面下に流れている虫であったりすると頭は出ず背鰭だけのライズの事もあります。
そかしここに記載した内容に伴わない事があります。個々の種によってハッチの仕方が異なることが有るからです。シミズカワゲラなどは水面でニンフが泳ぐので魚は興奮して追いまわしますので、ごく派手なライズになります。またクシゲのようにニンフが底を切ってからダンまでの時間がきわめて短いタイプのカゲロウでは魚は底から行きよい良く浮いて来て餌を摂るので派手なライズになります。またこの種はライズの範囲が狭く下流域ではまったく無いことがあります。

IMGP6458

 

 

 

 

 

 

 

IMGP0458-2

 

 

 

 

 

 

ダンパターンを使う

私の浮かして使うダンパターンでは立巻のクラシカルパターンが基本です。他にソラックスダンの様にボデーを水面に着けるタイプでコンパラダン、スパークル・ダン、更にボデーを沈めるタイプでクリップルダンなどを使います。
これらのフライはダンと命名されていますが使用方法はかなり違いが有ります。あきらかにダンとして鱒たちが食っているフライとそうでないフライに分類したいですがその時の状況や魚の気持ちになってみないと断言でいないと思います。なぜならバンチウイングのクイルゴードンのようにボデーが細くウイングのシルエットが綺麗に見えるフライは水面に半沈下の状態ではスペントとして食っていることが有るからです。またこのようなフライは倒れて片方が水面に付着した状態ではハーフスペントとしても見えるからです。どちらにしても釣り人の使用目的で汎用性があるフライです。

ソラックスダンやコンパラダンは水面での姿勢がよく視認性もよいフライですが時としてフローティングニンフやスペントとして魚が食っていることが有ります。他にダンと命名されていながら半沈下を意識して、浮かすパターのフライにはクリップルダン、スパークル・ダン、フローティングニンフ等があります。これらはニンフからダンに至る途中のステージをイミテーションしたフライです。総称でイマージャーと言うことがあります。

ライズの中から選ぶフライ(経験編)

複数の種類の昆虫が流下物となっている時は流下物の量とライズのリズムとホーム(形)を見極める事によって食われている物が何であるかおおむね判断できます。ともすれば大量に流れている流下物だけを集中してしまい1匹も釣れずにライズが終了してしまう事が有ります。

私が最初にUSに行った時でした。何人かの同行者と並んでライズを待っていました。そのうちにガイドが指定した通り皆の前でライズが始まりました。私の前でも藻の切れ目から3匹の魚が出てきてライズが始まったのです。15分経過しても一向にフライに反応しません。私は大腿まで入水した水中で腕を組み、立ったまま溜息をつきました。そして何気なしに足元(又元)を見ると大量に流れているPMDの中に他の虫が流れていました。スペントタイプのCallibaetisです。「あ!これだ!」ライズのリズムが流れるPMDの量とまったく違う。フライを代えしめたと思いました。
しかしそうは問屋が卸しません。毎日のようにフライマンに攻められプレッシャーの高い経験豊富な魚達はフライを見には来るが途中で引き返すだけです。良くみると鱒の正面に流れてくる物はより良く見て選んでゆっくりと食っていましたそれに比べてフィーリング範囲のエッジ部分では追って来た勢いで幾分素早く食っていたのです。
私は魚の正面にフライを流すのをやめ手前のフィーリングエッヂをショートに流すことにしました。それが的中して一匹目が釣れたのですが他の魚のライズは静止してっしまい、魚は全て沈みました。その後、下流へ移動してライズを見つけ2匹目を釣る事ができました。そして30分のモーニングライズは終了しました。

何時も冷静になって釣りをすることを学んだ釣行でした。この経験は今でも生きています。

IMGP0422-2

 

 

 

 

 

 

浮かして釣る

通常は流下物にパターンとサイズを合わせれば釣れるのですが多数の釣り人がひしめき合うような釣り場ではライズの最初だけで、すぐにフライパターンにすれてしまいます。それはライズの魚の多くが何度かのキャッチされた経験やフックの洗礼を味わっているからです。

そうなると ショップに売っているコマーシャルフライは多くの釣り人が使用するフライであり、釣れないのは当然の事なのです。そのような時には個々の釣り人がイメージしたオリジナルフライの威力が発揮できるのです。

シルエットを意識して釣るフライ(ダンフライ)

すれた魚に効果のあるフライの中にシルエット利用したフライがあります。

代表的なフライがレネ・ハロップのノンハクルフライ(サイドワインダー)等です。抜群のシルエットを誇るこのフライはここぞと思う時の1本と言って良いでしょう。またこのフライは壊れやすく私達が巻いてもウインが思うように着かない事が多く、釣り人が挑戦してもイマージャーのようになってしまいます。このフライを作成して販売しているハロップ家族の偉大さを痛烈に感じるフライです。
私はサイドワインダーだけは買う方が賢明だと思っています。
他に経験からヘンティップをウイングに使用しハックルを立てに巻いたパターンがシルエットを意識したフライとして有効です。巻き方はウインをねじれない様に付け、ハックルは少なめに巻くのが良いでしょう。ウイング素材も風の影響を少ない先端から空気が抜けるやすく柔らかい物、インドケープやチャイナケープがお勧めです。どちらにしてもウイングのシルエットを大事にして巻くと良いです。
このフライはベーシック・フライでは見無向きもされない時に使用して良い結果を得ています。 このヘンティプウィングフライは湖のような止水でも威力を発揮します。静止したままでなくたまに水面をわずかに動かすとなお効果的です。私は芦ノ湖のメイフライの釣りに良く使用しています。
話はそれてしまいますが水面を動かすフライにクリップルダンも効果的です。ただこのフライは意識して動かすよりフライの構造から自然に動くと言って良いでしょう。水中に沈んだニンフ部分がゆれ動くのは魚にとってどれだけ魅力的なのかは不明ですが良く釣れる事は間違いないです。

スペントフライ

産卵前にダンから脱皮してスピナーに変わったカゲロウ達は川の上流をめざし移動します。それは成長するまでに卵やニンフが下流へと流されるからです。
産卵場所を見つけたスピナーは連れ合いを求めて乱飛します。時には蚊柱や煙のように見えます。
交尾を終えたこれらの虫が水面に落下して産卵が終了します。産卵後の死骸である水に密着したスペントは時には長い帯を作って川を流れます。
魚たちにとって水面にぴたりと付着して半沈み状態のスペントは飛び立つ事もなく食べやすいのです。ライズを始めた魚達が我を忘れて大量のライズが沸き立つようになります。(ライズのボイル)
このように興奮した魚達でも餌(フライ)を選びます。ですから廻りの状況を的確に判断して虫のステージを考慮してフライを選ばなければ釣れません。
スペントフライもシルエットが重要なフライです。
その為に左右のウイングを水平に広げたアリティーなパターンが多く作られています。水平に広げたウイングはともすると回転してティペットが依れてしまうので、それを防ぐためにウイングの付け根にポストで回転を抑制します。ポストは視認性も改善しますので良い方法ですが時として魚からポストが目立ってしまう事があります。それを解消するために私はパラシュートスピナーを多用します。ポストを倒してフックアイの後ろでフィニッシュすればポストの影響はまったくないです。
また視認性を良くしたければポストを淡色で作り短く切ることにより問題も回避してくれます。現在このフライの結果は自分では良いと感じています。

二十数年前にアメリカで使用して以来スペントフライとしてパラシュウトを使用しています。当時アメリカのスペントタイプのコマーシャルフライは化学繊維やハックルティップを左右に分けて付けたフライが主流でた。視認性が悪いくボリュウムが多い為、買ったフライは魚の出が悪かったのを覚えています。
その時Tricoのスペントライズで使用して良かったフライはボデーをストリップドピーコックで巻いたグリズリーパラシュートでした。これは前年にアメリカへ行ってきたE氏がTricoの時に良く釣れると言うアドバイから得たフライでした。あきらかに現地調達のコマーシャルフライのTricoよりはるに釣果は良かったです。2年後のアメリカ釣行に巻いたCallibaetis パラシュートスピナーがTrico同様に良い結果を出しました。
パラシュートスピナーを巻くにはハックルはオーバーハックルにして薄く巻くと良いです。ボデーは細目にテールも長めに作ります。こだわるようでしたら前後を少しカットすると魚だけでなく人間も釣れますが釣果は変わらないように思います。

IMGP0024-2

 

 

 

 

 

 

 

水棲昆虫の生態(ステージ)を考えたフライ

水棲昆虫(カゲロウ)の生態は皆様が子供のころからなじみのトンボをイメージして考えてみてください。
カゲロウは不完全変態の水棲昆虫でご存知のトンボに近い変態をします。またフライフィッシングでなじみのカディスは完全変態です。フライフィッシングではカゲロウの幼虫をニンフと呼びカディスの幼虫をラーバと呼び事で分けています。さらにフライフィッシングならではの呼び方でピューパー、イマージャー等があります。
魚に一番魚に食われている水棲昆虫のカゲロウは幼虫(ニンフ)はトンボで言うとヤゴの状態です。亜成虫(ダン)ダン(亜成虫)ヤゴから羽化したトンボの状態体で体は太く羽は透明感がない状態です。トンボと異なる点はすでに飛びたつ事ができます。成虫(スピナー)とんぼでは体色と体型が細く変わり本来の色になり飛ぶようになります。カゲロウはもう一度脱皮して体型がスリムになり羽は透明になりボデーの色も変化した状態になります。

ダン(阿成虫)を意識したフライ

ダン(亜成虫)は羽化して水面を漂う事が圧倒的に多いので食われる確率も同じように多いです。カゲロウがダンに羽化するのは大きく分けて3通りあります。

水中羽化・・・ニンフから水中で脱皮したダンは身体に気泡を付けて水面に出て素早く飛び立ちます。

水面羽化・・・ニンフの状態体に気泡をまとい水面に出て羽化をするタイプです。

陸上羽化・・・石の上や葦などをよじ登ってきたニンフがトンボのように羽化するタイプ

水中羽化や水面羽化、陸上羽化が有るように生態の違いで釣り方やフライの使用方法も異なります。

ダンフライを使おう

ダンフライにはクラシカルパターン(クイルゴードン、ライトヘヒル、マーチブラウン、ヘンドリクソンン等)やソラックスダン等があります。シルエットを意識したフライに登場したサイドワインダーやヘンティップフライもダンフライです。
ダンパターンを巻くには個々の虫を観察すると判るようにボデーを太く巻く必要があります。状況に応じてハイフロートタイプであったりボデーを水面に密着するように巻いたり工夫をします。
それだけで釣果が変わるからです。どちらにしてもソラックスダンダンのようにボデーが水面に張り付いたパターンはダンと名前がついていても魚はフローティングニンフやスペントとして食っていることも有ります。
私はソックスダンの水面に接する部分を逆Vの字にカットしてフライの姿勢を安定する程度にして高く浮かせています。ボデーを水面に直接接するのを避けハイフロートにしてダンとして使用するためです。
フローティングニンフは基本的にパラシュートを使用します。ボデーを太く巻き短めのハックルを少し巻き、ポストは視認性だけを意識しています。コンパラダンなどもフローティングニンフとして食われる事が多々あります。

この事例もハッチマッチの本場アメリカで経験した事です。デピューリバーでの出来事でした。この日はハプニングが有りガイドのS・C氏が同行できなくなり釣友のM氏が通訳で釣りにいきました。着いた時にはPMDのハッチはすでに終了していてライズはなくなっていました。現地で合った地元のフライマンに聞いた話です。
その後日中、ライズは無くドライフライで釣るには浮いているブラウンを探して釣るくらいでした。
遅い昼食後、3時頃からサルファーのハッチが有りライズが始まりました。私の見ている前でM氏がオリーブカラーのコンパラダンで2匹の魚を良いイメージで釣ったのを覚えています。
1時間後サルファーのスパーライズが始まりライズの嵐でした。私は4・5匹を釣りましたがうまく流した時には食ってくれなく落ちた瞬間のフキングで納得いかなかった1日でした。次の日ガイドのS氏が復活して車中でその話をしました。
ガイドのS氏は不明だがオリーブの小さなパラシュートが釣れると言うので試してみました。確かにオリーブパラシュートの威力はすごかったです。しかし私にしてみればサルファーは水中羽化の水生昆虫なのです?・疑問を持ちました。
帰りの飛行機の中で「ハッ!」と気づいたのです。「前日のコンパラ・オリーブも同様だ!」水中羽化の虫でも大量にハッチの中には多くのフローティングニンフ状態で水面近くを流れている個体が有るのだ。
その後、伊豆でヒラタカゲロウのハッチの時にダンパターンだけではなくフローティングニンフやスパークル・ダンで良い結果を出しています。

サーフェスフィルムと水中を意識したタイイングとフライ

最近感じとことにフライが水面に接した場合にどのように魚から見えるかということです。 以前から見栄えが良いのでグースバイオットをボデー材に使用していましたが壊れやすいのでその上からヘッドセメントやシリコン樹脂を塗って使っていました。
何度か釣行してうちになんとなく短所を感じました。 たしかにボデーにコーティングをするとボデーのリブがはっきり見え人間の目にはいかにも釣れそうでした。
しかし水中の魚から見たらどうなのか・・・?
薄暮のように白く輝く水面に浮いた水棲昆虫のシルエットは・・・?
どの様になるのか・・・?
補強に使用した接着剤で少なくなった水面張力の減少や重みで水中に水没しているのではないか?
いろいろ試してみました。そして考え着いたのがイマージャーやスパークル・ダンのように沈めたいフライだけシリコン樹脂やヘッドセメントを塗り水になじませ水になじませる事にしました。
ドライフライとしボデーがサーフェスサフィルムを破ることなく水面に浮き、漂うように使用するフライは明るい細いスレッドで1往復おさえる事で補強強化しています。
またダビング材はある程度空気を抱えこむことで浮力のアップと独特のサーフェーサフィルムのシルエットが魅力のあるフライの演出が可能である利点を生かすようにしています。その為にダビング材料の繊維を使い分けています。
私のフライは必然的にバイオットとダビング材の使い分けが出来あがりました。
更にダビング材の利点はあえて水を含ませやすく事もできるのです。釣果は今のところ自分のイメージに沿っています。
使い方を考えないと単に人間を釣るフライになってしまうようです。

IMGP0831-1

 

 

 

 

 

 

大きいフックに小さく巻くフライ

2年前の9月の下旬でした。アメリカ釣行です。ヘンリーズホークを始めどこの川へ行っても#24のベイテスでした。ネットで調べてみたら主に#14~#24のベイテスとマホガニーダンと書いて有りました。私の持って行ったメイフライパターンはTMC100#16~#22で巻いた物でした。しかもシャンク全体を使って巻いたフライです。#24以下でショートシャンクフックで巻いたフライは持って行かなかったのです。
同行者のK氏が巻いた忍野用フライと現地ガイドS氏のオリジナルフライを譲り受けての7日間の釣りはかなりきびしかったです。
主に使用したのがガイドS氏の巻いたフライです。そのフライは#20のショートシャンクフックに前後を余らせ更に小さく#24サイズに巻いたフライでした。フックカラーは明るいブロンズフックでした。
今まで擦れた魚にはフックを小さくするか黒焼きにすることで目立たなくすることを考えていた私には目から鱗が落ちた状態でした。おそらくこの状況も天候や周りの環境で変わるのだろうが・・・・? 

以前から地元丹沢では擦れた魚にフライポストはタンカラーかグリーンが好ましいと考えられていました。これは水中から空を見上げた時の空の輝きと樹木の写影が影響していると私なりに思っていました。今回の経験から水中からは輝いて見える空には黒焼きのフックより明るく輝くフックの方が目立たないと思うようになりました。アメリでのフックはおそらく第一フックだと思います。
帰って来てから早速、忍野と裏丹沢渓流釣り場で魚のライズを見つけて試してみました。結果は思っていた通り良かったです。
子供の頃から釣りをして68歳を過ぎた私ですが今でも新たに発見する事が多々あります。新しいマテリアルや難しい魚達はその度に釣り心をかきたてて来ました。これからも同様です。

フローティングニンフの水面安定

私のフローティングニンフがパラシュートタイプになるには幾つかの経緯がありました。

以前はフェザントテール・ニンフやオリーブのダビング・ニンフのウイングケース部分をCDCで作り浮かしていました。このフライはモンタナでの実績がありました。現地では釣れない時の1本として使用していました。しかし私の年齢が嵩むにつれ視認に問題があり、見やすいパラシュートになった訳です。また時折横向きになって流れるのも好みでなかったのです。当時クリップルダンがヘンリーズホークで盛んに使用されるようになり、私もオリジナルのパラシュートタイプのクリップルダンを使用するようになりました。これはニンフ部分がより安定した形で沈むのを意識したフライでした。実際にUSで使用して釣果はそれなりに良かったのです。ある時USオリジナルのクリップルダンを巻き使用してみました。この時初めてフライの不安定感が魚に取って魅力的なのではと感じたのです。それからはクリップルダンのパラシュートタイプは出番が徐々に少なくなってきました。フライが安定している事を良いとしていた私ですが流れによって双方をうまく使い分けるようにしています。

粉を付けないと釣れないカディス

何年も前の事ですが釣友2人と3人でUSに行きました。ミズーリーリバーで釣友の1人が体調を崩し少し早くロッジに入り入ることにしました。同行のA・H氏は時間を持て余し、ロッドを持ちロッジ前で釣りをすることになりました。観覧席のつり橋の上から私が川を望むと下で数匹の鱒が水中で盛んに流下物を食っています。彼は橋の袂から下流へ廻りドライフライを数回流しましたが反応が有りません、更にインジケーターを付けニンフを流しましたが同様です。今度はニンフにパウダー浮力材をもみ込んでショットで沈めて流しました。すぐに当たりがありフキングした魚をキャッチしてリリースしました。何度かフキングせず空振ぶりしてパウダーが落ちてしまうと当たりがまったく止まってしまうのです。再度、パウダー浮力材を付けるとすぐにまた当たりました。A・Hはそのうちに近くで見ていた10歳位の男の子2人に掛けたロッドを渡して遊んでいました。同じことを何度か繰り返し4・5匹の魚を釣ったところで子供たちは帰って行きました。日が傾き岸際でライズが始まり私も川岸へ移動してA・Hの釣りを見る事にしました。何気なく足元を見た時の事です。銀色で無数の塊がミズスマシのように直線的な動きでスイスイと泳いでいたのです。カディス・ピューパーです。この時パウダーの威力が解明できたのです。
実はこの話には落ちがありまして、次の日ガイドのS・Cが帰りの車中で「しまったこれを買って来たのに!」私達に見せたのはボデーが透明な大きなビーズできているソフトハクルフライでした。彼はこの状況を知っていたのです。「S・C何やっているのだ!」「困ったものだ!」

昨年NZでの出来事です。ランギタイキリバーでのカディスのスプラッシュ・ライズでした。この時は何度かフライを流しましたが反応しないのであまり気にもせず下流へと移動しました。遅い流れのバンクで浮いてライズを見つけ、少し時間がかかりましたが1匹を釣りリリースしました。直後から流芯のエッジで何匹かが盛んにライズを始めました。ライズホームから判断すると明らかにカディスを食っています。アダルトやショート・ウィング・イマージャーを何度も取り換えて流しましたがまったく反応しません。そのうちにフライを流し過ぎて警戒したのかライズが少なくなったのを切掛けにボートを対岸に着け昼食を摂る事にしました。食事をしながら対岸のライズポイントを眺めているとまた始まったのです。今度は背鰭だけのライズです。3・4匹の大きな背びれが水面に出ては沈み仕切りなしに連続しています。魚は50cmはフルに超えているでしょう。K氏が何度かチャレンジしましたが徐々に流下物が少なくなり釣れる前にライズはやんでしましいました。
帰りの飛行機で気づいたのです。モンタナのミズーリーリバーの粉を付けて流す事でした。「なぜ、今になって気づくの?」K氏に活を入れられてしまいました。
その為に特別なフライを今巻いています

私のように現場では熱くなるとチャンスを生かせない事も多々あります。しかし失敗も楽しくエキサイトできるのがフライフィッシングの醍醐味の一つだと思っています。

最後にこのブログに付いて申し上げます。
異論が有る方も多数おられると思いますが、文章の内容はあくまでも私個人の私的感で記した物です。誤字、誤言も多数あると思いますがそれもふまえてお読みいただければ幸いです。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)