忍野フィッシング

今回はパスした妻を置いての釣りです。

忍野に到着して下流へと移動して、様子を見に行きました。
金田一にI田氏とその友人のY田氏が難しい釣りをしていました。場所が空いていればその上流付近で私もドライフライの釣りをしようと思っていたのですがあいにく他の釣り人がいて私の釣りをするスペースはありませんでした。
しかたなく上流へ戻ってきましたが崖下も同様です。あきらめて、
何時も妻がニンフを流す橋の前後をさかな公園側からたまにはとニンフフィッシングをすることにしました。

最初の1匹目が55cmのレインボウで立て続けに大型のヤマメまじりで何匹もの魚が釣れてしまい困惑しました。ここで約20匹くらいを掛けてはリリースした為に反応がが悪くなったのでS字へ移動しました。
S字では依然K先生と一緒にストリームサイドへ来店した**さんがいましたので海外でのライズの釣りの話をしながらほとんど無いライズを懸命に探していました。私の前で1cmほどの黄色いゴミを2度も口に入れ飲み込んでいるニジマスを見つけました。私はフタスジモンカゲロウだと決めこみ、スピナーを付けて流しましたが咥える寸前で帰ってしまい、それが2度ほど続きましたがその後は魚の反応が鈍くなったので場所を変え、対岸近くの柳の前を流すと50cmオーバーのブラウンがゆっくりと浮き上がりパクリとフライを飲み込み・・・まないうちに思わず早合わせをしていまいました。
ブラウンはフックに触ってしまったのでこれで終了です。その後、少し下流部で小型のレインボウを1匹だけドライフライで釣りイブニングまで待てずに帰路に付きました。

IMGP1308-2

 

 

 

 

 

 

IMGP1312-2

 

 

 

IMGP1314-2

 

 

 

IMGP1317-2

 


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)