数年ぶりのイワナ釣り

6月30日 K島さんと数年ぶりのイワナ釣り

 今回はK島さんと同行です。環境に重きをおいて場所を選びました。

 現地に到着して準備をしていたら後から来た釣り人が私達をさしぬいて予定の入渓予定場所に入ると断言したのでしかたなしに場所を譲り、K島さんに頑張って歩いてもらい更に上流に入ることにしました。
釣り始めてすぐになぜか下流からもう1人のフライマンが歩いてきました。彼はK島さんに声をかけ私達を避けより上流に歩いて行いきました。
彼の姿が見えなくなったころから魚がフライに反応し始めて2人でぽつぽつ釣り互いに5・6匹釣って、1時間が過ぎたころから急に反応が悪くなり、私が水を触るとなんとなく水温が下がってきたように感じたのでこのまま上流に行き帰りが辛くなるのを避けて、諦めて下流へ移動することにしました。
下流へ移動途中に中間点に入渓した今朝の釣り人が上がってきたので釣果を聞くと1匹だけ下の堰堤で釣れたと言っていた、彼はテンカラとルアーの両天秤だそうです。

 私達は下流の地点に戻った所で河原の手頃の石に座って2人で昼飯を食してからもう少しだけやることにしました。
この区間で更に2・3匹ずつ釣った時点でK島さんが尺近いイワナを釣ったのを機賭けに早めに上がることにしました。
待つことなく14時発の乗合タクシーに乗って駐車場に向かいました。
タクシーの中で約小1時間いねむりしながら駐車場のに付いた私達は下の金山温泉によって温泉でさっぱりしてソフトクリームを食べようと思っていたがあまり売れないのかなくなっていたので双葉SAで休憩がてら生乳ソフトクリームを食したました。かなり濃厚でうまかったが我々には少し甘みが強すぎたようでした。

 還暦過ぎのフライマンである私達には9匹ずつの釣果は充分に満足できた1日でした。

IMGP1219

 

最初の1匹目 

 

IMGP1228

 

 

 

IMGP1232-2


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)