イブニグ・ライズ

8月5日忍野 イブニング・ライズ

この日は2時過ぎからの釣りでした。
臼久保橋から川を覗きこむといくぶん魚が増えていました。
毎年お盆前に放流するのでその結果だとおもいます。
下流部へ移動しましたが下流は放流していないようなので魚は少なく、
虫もハッチが無くかなり厳しい釣りになりました。
木陰で涼むのが主な目的になっていました。
あたりを探索しても目立った植物や花は咲いていなくもて余ししていました。
リバーズエッジの渡部さんが来られたので野呂川の情報をいろいろ聞きながら世間話をしていました。
何時ものように4時にI 田さんが帰りましたので私達も上流へ移動する事にしました。
イブニングポイントへ着いた私達は5時を過ぎた頃からフライをイブニング用に替え妻と2人で釣り始めました。
私は妻の10m上流で釣り始めました。
ライズはあまりないので下に(ドロッパー)#26のフライを付けて流していましたが最初の2匹が小さいフライを食っただけでなぜか虫も流れてないのに大きなスピナーに出てくる魚が多くすぐに下のフライを取り外しました。
妻には私より一回り小型のスピナー(#14)を付けてやりました。
私と妻がダブルヒットでうおうさおうしての取り込みが続きました。
そのうちに私が取り込みを終えた時に下流でネットを出し本当のうおうさおうしていた妻を発見しました。
ロッドを放り出して妻のもとへ駆けつけてランディングした魚は50cmクラスのブラウントラウトでした。
その後も2人で爆釣し続けましたがトラブルをきっかけに納竿しました。
帰りは初めて味わったぼこぼこライズに興奮した妻の舌滑りが良く、
聞き手にまわっていました。
5時から7時近くまで釣りをした釣果は妻が6匹、私が10匹くらいでした。

IMGP1521-1

 

 

 

 

 

 

IMGP1524-1

 


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)