山岳渓流

 

7月8日(火) 山岳渓流

歩く事2時間、林道から藪こぎをして川に到着したのは9時を過ぎていました。

川は前日の雨の影響で25cm以上の水位の上昇です。

対岸に1人が渡って釣り上がる予定でしたがこの増水では渡れず、減水して渡れるようになるまで交互に釣る事にしました。私とS氏でペアを組みました。釣り始めてすぐに大きな岩魚を発見しましたがそれは対岸の巻き替えしで手前の増水した流れがじゃまをして上手くフライが流れません。

リーダーを持ち上げて大きく手を伸ばすように指示をしましたがなかなか上手くいきません。

私がロッドをかり動作を見せようとした時に一瞬フライに出てしまい思わず空ぶってしまいました。その後ロッドを返しS氏が何度か流しましたが2度と出てきませんでした。

少し上流では先に釣り上がったH氏がすでに2匹を釣り今日のポイントを仕草で合図しています。

私達は追いつき次のポイントにフライを流しました。

最初の魚が出てきましたが早合わせでフキングせずおわりました。

2匹目の魚はフキングしましたがばらしてしまいました。

いつも丹沢で釣りをしているS氏のヤマメの合わせが抜けません。

なれるのに何回か失敗しましたが7匹を釣る事ができました。

対岸に渡ったH氏は20匹を釣ったようですがあまりにもゆっくり出てくる岩魚にてこずり空振りとバラシの連続だったようです。H氏が言うには大きい魚ほどスロモーションのように出て口を遅く閉じるようです。

どうしてもシーズン最初は多くのライマンが同じ事を繰り返しているように思います。

IMGP0856-1

 

 

 

IMGP0861-1

 

 

 

IMGP0863-1

 

 

 

P1010709

 

 

 

 

 

P1010718-1


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)