芦ノ湖デビュー

4月16日

芦ノ湖は30年以上前に真夏のワカサギ釣りとムーチング釣り以来の妻を連れてフライフィッシングに行ってきました。
当日はSSJの大会ほどではないですが風が強くルースニングをしたりシンキングラインを引いたりして、まったく集中力に欠ける私を後目にインジケーターから目を離さず釣りをしている妻。最初の2回の当たりこそ逃しましたがその後は約1時間の間に3匹を釣りました。 私は浮きの合わせそこない3回、シンキングの当たり1回全て空振りで午前中約1時間を終了しました。午後から秘かに逆転をとくわだて、食事に行きました。

芦ノ湖フィッシングセンターおおばではヒメマスフライ定食を食して第2ラウンドへ突入。場所は九頭竜の湾へ向かいハーリングしながら行きましたが1度も当たりはありませんでした。
九頭竜ではSさんがアンカーを下し腰かけて釣りをしていました。Oさんは付近をハーリングで動き回っていました。 風が回っていましたがSさんの横に間隔をあけアンカーをおろしました。 ルースニングで最初の1匹を釣り、上々のスタートです。 ルースニングの仕掛けを下ろしたままシンキングラインで釣りをしていると妻のインジケーターが沈みました。私のフローティングラインが上に乗っていて合わせられません。魚はインジケーターを引き込んだままです。私は素早く2本のラインをリールに巻きこみました。妻がロッドを立てるとあきらかに引きがちがいます。2・3度強い引きを交わした後にゆっくりと引き寄せようとロッドに軽くテンションを掛けていた1瞬のことでしたティペットが切れました。 妻にとって湖のフールドで初めての大型トラウトでしたがバレてしまいました。妻が言うには私がいつまでもラインをどかさなかったから切れてしまったそうです。私は少し言いたい事が有りまが邪魔をしたのは事実でしたので無言でやりすごしました。 その後は私が追いつくと離されるの攻防が続きました。最後の1匹を釣って追いついて終わりにする予定でしたがまたまた妻に1匹追加され妻の方が多いまま終了する事になりました。
帰りの車中で私が「来週はどうする?」 妻「私にリベンジする?・・・・」 二人で「大笑い・・・・・」 風が強く凄い格好の妻・・・・ 「笑ってください!」



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)