お魚いっぱい

2008年4月22日 
箒川
 早朝AM4:00小田原を出発 約4時間で塩原温泉へ到着、中学校前の橋を渡った空き地に車を駐車。
早々に支度をして入川。天気は良いが(良すぎる)気温は低く肌寒冷たい風が頬を冷やす。同行者2人と思い思いの場所へ分かれて30分ほどフライをたたくが水温が低いのかは顔を出さず。
その後小島氏と合流、池田氏に携帯で連絡を取ると堰堤下でライズありとのこと。
上流へ来るように指示される。
堰堤で数匹の魚が見え隠れしている。3人で交互にフライを流すが食う寸前で引き返してしまう。
あまり長居しないで、私は下流の瀬に出てフライを流す。すぐさま22・3cmの山女
が出てきた。瀬でも魚が出るのを2人に報告、見せながら撮影する。

 imgp7107.JPG   imgp7111.JPG   p4220219-1.jpg  
その後、わずかの区間であったが大小、どの瀬でも魚はフライに出てきた。
午前中岩魚まじりで20匹弱の魚を掛けました。
これらの魚は流速の速い場所でもフライにブレーキをかけながら遅く流すと石の前から飛び出すように出てきました。
このつり方は岩魚や放流河川の山女に発揮することがありますので、今回のように水温が低めの時にも効果
であるようです。
皆様も試してみる価値があると思います。
塩原は春真っ盛りです。曇りや小雨でしたら去年のように水生昆虫がハッチするのですが今年はハッチは無く少し残念です。がそれでも山女や岩魚の数は本当に多いです。

imgp7109.JPG    p4220222-1.jpg

午後からは温泉場で駐車場を探し、ホテル街の中をチャレンジしました。
雰囲気をフライマンが敬遠するのか魚は上流より素直でわずか3m余りの1箇所の瀬で5匹も6匹も釣れる状態です。腕が上がった様な錯覚におちいります。
今年も昨年同様箒川の魚影の濃さには感服いたしました。

PS:条件の良い低気圧が来て小雨の降る日には尺山女も比較的たやすく御目にかかることが出来るような気がします。この日の私の釣果、途中温泉場のプールで遊んだ分少なく今年は30匹弱かな?

2008年3月18日 
今年最初の忍野
今年も忍野の主、昨年忍野へ56回の釣行実績のK氏と最初の忍野フシッシングにチャレンジ、ここ何年か毎年のことながら解禁当初は魚が少ないです。
秋に居た忍野温泉下の民家裏の35cmから40cmにはなっていた姿の美しい太郎ちゃん次郎ちゃん三郎君みんな何処へ行ってしまたのでしょう。
自衛隊橋下の40cmにまで育った姫君も何処へ行ってしまたのだろか?S字で遊びまわっていた少年、少女達は皆どこかへ旅立ってしまいました。
いつになったら帰って来るのでしょうか?きっと禁漁期間と中に天国へ召されたのでしょう。

わずかに居た忍野村を守っている美しい良い子達とたわむれてきました。 imgp6129.JPG  imgp6125.JPG
昨年より生きのびた綺麗なお魚の写真ですクリックすると大きくなります。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)